« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月31日 (土)

ありがとうございました 2011年

_dsc5366_2
::: 稲村ケ崎夕景 / Nikon D300S * AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR / 29 Dec. 2011 :::

今年一年ありがとうございました。

未曽有の大災害、東日本大震災がありました。地震と津波、そして原発について、深く考えさせられる一年でした。

大学生活2年目は、まず、生活習慣が悪かったように感じました。とくに後期は履修の関係で1限から授業があるのが週2日だけとなってしまったので、起きる時間も日を追うごとに適当になってしまいました。ときには朝食を抜いたり昼食を抜いたり…。そんななかでも、検定を受けたりして、やりたいことだけに専念した1年だったように思います。

写真は、知り合いのお誘いもあってポートレートに挑戦。光の加減やポーズ、そして構図など、人を撮るということの難しさを体感しました。また対人ゆえに関わり方も非常に大切だということがわかり、改めてポートレートは奥の深い研究のし甲斐がある分野だなと感じました。また今年は、東日本大震災や、各地で被害をもたらした7月末の豪雨の影響もあり、18きっぷによる遠征は断念しました。そのため鉄道写真は関東圏内、もっぱら東海道線でした。

春先にレンズレパートリーに《Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II》が加わり、撮影スタイルが大きく変わりました。風景からポートレートまで幅広く使え、なおかつF値が2.8通しなので、前ボケなど工夫次第でさまざま画を撮ることができ、とても楽しいです。2011年に撮影した枚数は去年をはるかに多く超え、15640枚でした。

来年は就活が始まり忙しくなりそうですが、しっかりと目標を見据えて頑張っていこうと思います。

それでは皆さま、良いお年をお迎えください

| | コメント (0)

2011年12月30日 (金)

朝の東海道を上る211系

_dsc4838
::: 776M 211系N53編成 / Nikon D300S * AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II / 19 Dec. 2011 :::

2011年12月19日の撮影分からです。順次運用離脱となっている211系を撮影するべく、有名撮影地に行ってきました。狙う時間帯は、211系のゴールデンタイムである朝の8時過ぎです。表で見てみると、その効率の良さが一目瞭然だということが分かります。

Tokaidotimeline

なお、3456Mの「おはようライナー」および3732Mの「湘南ライナー」は、いずれも撮影区間では貨物線を走行するので、旅客線を走るのは2650Eの湘南新宿ラインのみです。さらに、1年通して光線の良い時間帯のため、まさに撮影に適している好条件となっています。

撮影する6本のうち2本は、E233系NT編成による運転でした。そのうち、1780Mに充当されたのは初運用まもないNT57+NT7編成で、今回が初めて撮影することになりました。現在の211系運用は、JR東日本管内のみで構成されているE233系共通運用と、JR東海に乗り入れする211系限定運用があります。ここでは、326Mと782Mが211系限定運用となっているため、それ以外の列車がすべてE233系の運転だとしても、211系も必ず撮ることができます。

951列車から撮影開始。シキ800が連結されているとのことでしたが、液化酸化エチレンのコキ200すらも連結されておらず、コキ4両のとてもさみしい編成でした(→次の日に連結されていました)。

776Mは211系N53+N22編成でやってきました。N53編成は最近検査を行ったようで、綺麗になっていました。同僚が次々に疎開されていく中で、はたして最後まで東海道の一線で活躍するのでしょうか。また、N22編成は211系の配色のために作られた正調のグリーン車。とても整った編成美でした。

前面がやや汚れていたのでPhotoshopの修正ツールを用いてゴミを除去しました。また、湘南色の帯も褪色していたため、色相と彩度を自然なカラーリングになるまで微調整しました。さらに空のヌケが悪かった(実際そこまで空気は澄んでいなかった)ので、明度を落として彩度を上げました。

こうやって写真加工と補正をして見栄えを良くするのも悪くないですね。

| | コメント (0)

2011年12月29日 (木)

久々の3461レはムド付き!

_dsc5216
::: 3461レ EF66 109 / Nikon D300S * AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II / 29 Dec. 2011 :::

後期試験がひと段落し、つかの間の冬休みに入りました。この年末は忘年会などで忙しく?、あまり撮影できていません。そんな今日も、豪快に寝坊をかましてしまい、撮る予定だった列車をことごとく撮り逃すハメに…。予定を大幅に変更し、とりあえず11時ごろから地元で撮影することにしました。知り合いと鉄談義しつつ普通電車を3時間ぶっ通しで撮影しました。

最後に3461列車を撮影。年末ということで工場も操業停止していて来るか心配でしたが、時間通りに信号が開通してくれました。ほどなくして見えてきたのは100番代牽引の…なんとEF64のムドが連結されているじゃないですか!さらに、まさかのワムもフル編成34両でお目見え。久しぶりに撮影した3461列車がこんなにも豪華だとは思いもよりませんでした。

いよいよコンテナ化が決定し、この列車が見られるのも3月のダイヤ改正までとなってしまいました。私が一眼レフで撮影し始めたころはまだ茶ワムが半分ほど占めており、カラフルな編成が魅力的でした。当時は検査明けでピカピカな青ワムも見ることができました。そんな日常もいつの間にか見れなくなってしまい、ついにJR貨物のプレスリリースでコンテナ化されることが決定されました。名残惜しいですが、春休みも有意義に使ってたくさん撮影しておきたいですね。

| | コメント (0)

2011年12月20日 (火)

951レにシキ800!

_dsc4910
::: 951レ シキ800C / Nikon D300S * AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II / 20 Dec. 2011 :::

今朝も211系とE233系を撮影する予定でしたが、寝坊して予定していた場所に行けなくなってしまったので、ホームグラウンドで簡単に済ますことにしました。着いてさっそく、520MのE233系NT56+NT6編成を撮影。この時期の朝のホームグラウンドは影がすごくてダメでした…。

しばらくすると下り貨物線の信号が開通し、951列車がやってきました。遠方に見える編成をファインダー越しに凝視してみると、なんとシキ800が連結されていました!編成全体を撮ってから、振り返って順光でシキ800のみを撮影しました。黒光りしている車体と、重くリズミカルなジョイント音がとても精悍です。牽引機はEF200-15でした。

そのあと、776MでE233系NT51+NT1編成がありましたが、前面に思いっきり影が被り、大失敗でした…。

| | コメント (0)

2011年12月19日 (月)

富士山とE233系

_dsc3678
::: 回3954M E233系NT56編成 / Nikon D300S * AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II / 11 Dec. 2011 :::

2011年12月11日の撮影分からです。この日の朝は富士山が眺望できる晴天だったので、迷わずこの撮影地へ行きました。今季の富士山は、例年よりも早く(?)宝永山よりも低い標高で積雪があったため、かなり下の方まで雪化粧していました。

E233系NT56+NT6編成の回送列車は、弧を描いてゆっくりと通過。真冬の撮影ですが、写真右の木々が萌黄色をしているため、早春のような温かみのある画になりました。

そういえば、ここを訪れるのは2009年1月の「富士・はやぶさ」の撮影以来でした。
そのとき撮影した写真はコチラからどうぞ。

| | コメント (0)

2011年12月16日 (金)

ハイビームNT3編成

_dsc3744
::: 3757M E233系NT3編成 / Nikon D300S * AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II / 11 Dec. 2011 :::

2011年12月11日の撮影分からです。最近のステンレス車両は、全般検査などを行っても車体の汚れが取れるわけではなく、路線カラーを示す帯も貼り換えないため、綺麗になったとしても床下の整備で再塗装したくらい、という気がします。185系のような鋼鉄車両は、全般検査ごとに車体を塗り替えたりするので、新品同様な車両が見ることができました。つまり、ステンレス車両の綺麗な時期は、本当に最初だけしか見ることができません。

E233系NT編成もその一つです。綺麗な状態を見るのは今のうちですから、機会があれば積極的に撮りに行くようにしています。今回の撮影では、短時間に2本のE233系NT編成が走ったので、とても効率よく撮影することができました。ハイビームでやってきたのはNT3+NT53編成の快速アクティー。高速シャッターで切っているため、前面のLEDがほとんど見えませんが、最高の光線のなか撮影できました。

| | コメント (0)

2011年12月14日 (水)

夕刻の根岸線

_dsc3842
::: 1349B E233系ウラ172編成 / Nikon D300S * AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II / 11 Dec. 2011 :::

2011年12月11日の撮影分からです。久しぶりに予定のない日曜日だったので、まる一日使って鉄道撮影をすることにしました。主な目的は東海道本線のE233系と211系の編成写真を撮影すること。前日に運用を確かめて、計画的に効率よく撮影できるように工夫しました。

ひととおり撮影が終わり、最新鋭のE233系NT6編成に乗って帰路につきました。しかし飽き足りず、まだ陽が落ちるまで時間に余裕があったため、根岸線のE233系を撮ることにしました。ちょうどお手軽な撮影ポイントにも陽が当たっていたので、サクッと撮影しました。

個人的には、京葉線の赤帯に続いて、2番目に綺麗だと感じる京浜東北・根岸線の青帯。両路線カラーとも、現代らしいデザインのE233系に非常にマッチしています。夕刻の光線に照らされたこのE233系は、鮮やかさが和らいで落ち着いた印象になりました。

| | コメント (0)

2011年12月12日 (月)

湘南新宿ライン10周年

_dsc3826
::: 1190Y E231系U517編成 / Nikon D300S * AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II / 11 Dec. 2011 :::

湘南新宿ラインは2011年12月1日に、10周年を迎えました。

運行以前の湘南から新宿へのアクセスは良くありませんでした。品川を経由して山手線を利用しなければならないなど、乗り換えの手間と時間が掛かっていました。東海道線からは朝の通勤時間帯のみに「湘南新宿ライナー」(現・おはようライナー新宿)が走っていましたが、本数が少ない上に500円のライナー券を買わなければならないため、毎日新宿へ行く人にとっては不便そのものでした。

その打開策として、2001年12月に登場したのが「湘南新宿ライン」でした。横浜から横須賀線を走行し、西大井から蛇窪線を経由して大崎に合流し、埼京線を経て新宿にアクセスするというコースで、湘南から新宿まで一本で行くことが可能となりました。登場当時は本数も少なく、車両は上野口のE231系・211系・115系を使用して、グリーン車は連結されていませんでした。

東海道本線から113系が撤退することとなり、置き換えとしてグリーン車の連結されたE231系が登場しました。これらは湘南新宿ラインの運用にも当てられ、上野口のE231系にもグリーン車が追加投入されることになりました。Suicaが導入されたのもこのころでしたね。湘南新宿ラインが全てE231系に統一され、ダイヤ改正ごとに増発・時間短縮が図られ、よりいっそう便利になりました。

私も毎日学校に行くのに湘南新宿ラインを利用していて、非常に重宝しています。湘南地域では富士山も見れるし、新鶴見の横を通るときは多彩な機関車が見られるし、都会の雑踏も眺められるし、移りゆく風景がとても素敵です。ですが、遅れなどの影響にとても受けやすく、停止信号で止まるのは、もはや日常茶飯事です。また他線区で人身事故などが発生すると真っ先に運転中止になります。ほか、新宿駅でホームから改札までめちゃくちゃ遠いなど…。

JRでは、湘南新宿ラインの運行開始10周年を記念して、主要駅で記念入場券を販売しているようです。詳しくはコチラをご覧ください。また、随時イベントも開催しているようなので、ぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか。

| | コメント (0)

2011年12月11日 (日)

2011年 皆既月食

_dsc3663
::: 皆既月食 神奈川県茅ケ崎市にて / Nikon D300S / AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II / 10 Nov. 2011 :::

人生初の皆既月食の撮影でした。

| | コメント (0)

2011年12月 6日 (火)

チタNT編成、富士山バック

_dsc3143
::: 778M E233系NT52編成 / Nikon D300S * AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II / 5 Dec. 2011 :::

さっそく富士山と組み合わせてみました。

週末に低気圧が通過したため、富士山に積雪があるだろうと予測しました。天気が回復した日曜日の早朝、雲ひとつない澄んだ青空と、白く雪をまとった富士山が姿を現していました。この日は所用で千葉まで行っていましたが、京葉線からの車窓からでもよく見えていました。

そして月曜日。日曜日ほどではありませんでしたが、やはり富士山はよく見ることができました。そこで、運用開始したばかりのE233系NT編成を撮影するべく、前夜に調査した運用をもとに、富士山とのツーショットを遂行することにしました。

撮影場所は無き「富士・はやぶさ」でお世話になったストレート区間の場所。踏切中継の設備があり、さらに最近になって相模線用の電源確保のための設備も加わって撮りづらくなってしまいましたが、15両編成を富士山と共に収めることができることに変わりはありませんでした。通過が8時過ぎということで影が少し多く出ていましたが、許容範囲。

念願のE233系と富士山のツーショットを撮影することができました。床下機器が綺麗なのは初めのうちだけですね。なお、この続行の電車もE233系NT編成の予定でしたが、藤沢駅での線路点検の影響で、撮影することができませんでした。最後は211系の普通電車で〆ました。

| | コメント (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »