« 真夏の入道雲 | トップページ | 夏光線の3461レ »

2011年8月 6日 (土)

5086レにEF65 1037!

_dsc5658
::: 5086レ EF65 1037 / Nikon D300S * AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II / 6 Aug. 2011 :::

5日に梅田を出発する5086列車をEF65 1037が牽引するとの情報を得て、朝から撮影に行ってきました。地元で撮影してしまうと光線があまり良くないので、線路が北を向く撮影地を選びました。天気は6時から晴れという予報。最近の天気は全く外れるのであてになりませんが、通過は7時過ぎなので晴れることに期待しました。

6時過ぎに撮影地に着くと天気は曇りでしたが、北風で南の空は晴れているので通過時までには晴れてくれることを祈ります。手始めに、曇天のなか寝台特急「サンライズ出雲・瀬戸」を撮影。場所を変えてスタンバイしていると、まさかの3074列車でEF65 1088が登場。思わぬ収穫でした。

7時ちょうどをまわった頃から徐々に薄日が差しはじめてきました。直前の回送列車が通過したくらいから太陽がようやく顔を出し、気づけば最高の光線になっていました。諸設定も済ませていざ本番。場内信号機が開通し接近灯が点滅しはじめ、まもなくやってきました。

コキ50000系を連ねたEF65はまさに最高の組み合わせです。1037号機は現在稼働中のEF65で最若番である1036号機と同じく、初期車の分類に入る機関車です。PFの絶対数が減少していることもさることながら、初期車はこの2機しか稼働していないためとても貴重な存在です。コキ50000系も新型コキの導入により急ピッチで置き換えられているため、こういう光景が見られるのも今のうちですね。

ちなみに、1037号機を最後に撮影したのは2007年と記録に残っているので、今回4年ぶりの撮影となりました。

|

« 真夏の入道雲 | トップページ | 夏光線の3461レ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 真夏の入道雲 | トップページ | 夏光線の3461レ »