« EF210とE231系の離合 | トップページ | 209系 房総転用車 »

2011年2月 6日 (日)

復活! 湘南電車、故郷を駆ける。

_dsc9530p
::: 9821M 113系マリ117編成 / Nikon D300S * Nikkor 16-85mm F3.5-5.6G / 6 Feb. 2011 :::

東海道本線に113系がやってきた。

知り合いに、2月の5日と6日に東海道本線に113系がやってくると教えていただき、詳細を調べてみたところ、JR東日本横浜支社が企画する「懐かしの113系電車で行く東海道本線の旅」で、湘南色の113系が横浜~熱海間で走るということが分かりました。2009年にも「懐かしの113系」として東海道本線を走行していて、約1年半ぶりのリバイバル運転となります。

5日は先に予定が入っていたので撮りに行くことができませんでしたが、6日はしっかり撮影することにしました。

リバイバルなのだから、やはり地元で撮ったほうが思い出深くなるでしょう。また、少しでも順光で撮りたいので、線路が南向きになっている場所を選びたいと思います。ただし、撮影前日に疲れを出してしまったので、遠くには行かないことにしました。そして運転2日目の朝にロケハンをしてみたところ、4両編成の撮影に最適な場所があったので、そこで撮ることで決定しました。沿線の建物の影と2スパンだけ伸びる通信ケーブルがネックでしたが、後者は立ち位置をうまく変えればかわせそうでした。

広告には詳細なダイヤは詳細が書かれていなかったので、ダイヤ情報のダイヤグラムを利用して自分で予想されるスジを作ってみました。少なくとも下りは777Mの後続で、地元は11時過ぎに通過するということがわかりました。

本番30分前に現地に到着。快晴ではありませんが、まずまずの天気のようです。一方で、ロケハンの時に気になっていた影がやはり怪しく、若干車両にかかる程度でした。幸いにも薄日が続きそうなので、185系のような白い車体でなければ目立つこともなく許容としました。

777Mの通過直後、113系らしき列車の警笛が聞こえてきました。いよいよ本番です。標準で下から仰ぐ撮影方法となるのでカメラの設定は、1/1600sec.・F4.8・ISO200とし、アクティブ-Dライティングでハイライトとシャドウの階調を残すことにしました。そして11時02分、カーブから湘南色の113系が姿を現しました。思っていたより低速だったので、ベスト位置までしっかり持ってくることができました。そして後追いをして撮影終了。よく窓から顔を出している人たちが見受けられますが、今回は全く見かけることはなく、スッキリ撮ることができました。

この113系マリ117編成は、かつて国府津車両センターに所属していたS103編成とのこと。つまり、故郷(ふるさと)へ帰ってきたということになります。また、ヘッドマークなど特別な装飾はされず、往年の113系国府津車を見ることができました。

|

« EF210とE231系の離合 | トップページ | 209系 房総転用車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« EF210とE231系の離合 | トップページ | 209系 房総転用車 »