« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月27日 (日)

相模線電化20周年 山スカの臨時列車

Dsc_0403p
::: 9823M 115系M11編成 / Nikon D300S * Nikkor 16-85mm F3.5-5.6G / 27 Feb. 2011 :::

本日は相模線電化20周年を記念して、115系豊田車が臨時列車として走りました。どうせならと茅ヶ崎付近で撮影しようと思い、過去に同じ場所で撮ったことのある十間坂で撮ることにしました。3両編成と短いのでカーブの外側から撮っても大丈夫と判断し、うまくホチキスをかわして順光で撮ることができました。26日の茅ヶ崎運輸区公開イベントで展示された115系M11編成が使用され、検査明けでそこそこ綺麗な下回りを見ることができました。

※3日間ほど更新休みます。

| | コメント (2)

2011年2月26日 (土)

相模線電化20周年 キハ30が里帰り

Dsc_0187p_2
::: キハ30 65 茅ヶ崎運輸区公開イベントにて / Nikon D300S * Nikkor 16-85mm F3.5-5.6G / 26 Feb. 2011 :::

地元での一大イベント、「茅ヶ崎運輸区公開イベント」が行われました。

今回の主役は何といってもキハ30 62でした。キハ30 62は相模線の非電化時代を最後まで走ってきた車両で、電化された平成3(1991)年まで活躍しました。その後は塗装を変更され久留里線で活躍していましたが、2009年に国鉄一般色に復元。そして今日、相模線電化20周年を祝って、かつての茅ヶ崎運転区に1日限りの里帰りをしました。

イベントではその時代主役の205系とキハ30が並べられて展示されました。新旧顔合わせはまさに感無量です。前面幕に「茅ヶ崎↔寒川」を表示、側面にも同様にサボが入れられ、往年の相模線が再現されました。205系には電化20周年のヘッドマークが掲げられました。

キハ30が乗っている線路は電化後に使われなくなったそうですが、この日のために再整備したとのことでした。さらに、非架線地帯につき電気機関車による押し込みが不可なため、途中から自走で入区しました。僅かな区間でも故郷の地を自力で走ったことは、キハ30にとっても懐かしさが感じられたのではないでしょうか。

あっという間に2時間が過ぎてしまいましたが、とても貴重な体験をすることができました。

| | コメント (2)

2011年2月23日 (水)

国鉄色礼讃 - 183系

Dsc_1674p
::: 回9573M 183系:::

2010年2月5日の撮影分からです。489系を撮影した後は、ダイヤ改正で運用を離脱する253系などを撮影していましたが、しばらくすると中線に183系が入線してきました。ダイヤ情報誌には掲載されていなかったため調べてみたところ、翌日の「シーハイル上越」がOM101編成だったため、おそらくその準備のための回送だったのでしょう。

OM101編成は上野方のみに特急シンボルマークが装着されていて、編成を通してグレードアップ車に合わせた帯の太さになっています。この先頭車のクハ183-1529はATC機器室があるため窓配置が異なっています。現在ではATC機器は取り外されていますが、かつて横須賀・総武快速線の地下区間がATC制御だった頃、幕張に所属し特急運用をこなしていた由緒ある名残です。

| | コメント (3)

2011年2月22日 (火)

国鉄色礼讃 - 489系

Dsc_1662p
::: 3973M 「ホームライナー鴻巣3号」 489系H01編成 / Nikon D300S * Nikkor 50mm F1.8D / 5 Feb. 2010 :::

2010年2月5日の撮影分からです。前回エントリーした583系のあと、寝台特急「カシオペア」や貨物列車などを待ちつつ、急行「能登」の間合い運用である「ホームライナー鴻巣3号」を待ちました。もちろん489系での運転ですが、そもそもこの場所で撮れるという認知度が低いためか、同業者はそこまで多くありませんでした。価格がリーズナブルな50mmレンズで手持ち撮影しました。

「能登」廃止後は定期運用がなくなってしまいましたが、TDR臨で上京したりとまだまだ関東で見れる機会はありますね。一方の「ホームライナー鴻巣3号」など、かつて489系が担っていた運用も、485系の臨時急行「能登」が間合い運用として引き継ぐことになり、今日も上野口は国鉄色でに賑わっています。

| | コメント (0)

2011年2月21日 (月)

国鉄色礼讃 - 583系

Dsc_1609p
::: 回9116M 583系N-1編成 / Nikon D300S * Nikkor 70-210mm F4 / 5 Feb. 2010 :::

2010年2月5日の撮影分からです。撮影から1年がたちました。この時は撮影者も疎らで、有名撮影地でも人出は少なかったと記憶しています。東北本線から来た583系は中線で折り返すため、バランスの良い構図で撮れました。現在はひとつ奥の線路に止まるそうで、1年前とは状況が異なっています。この日の午後は天気が良くなかったのですが、入線中に薄日が差して少し露出オーバーになってしまいました。

40年近く走り続けている583系ですが、ついに秋田車が引退となる見通しで、「ゲレンデ蔵王」の運用に就いている仙台車が秋田に転属され、「ゲレンデ蔵王」として上京するのは今シーズンまでだとか。

| | コメント (0)

2011年2月11日 (金)

遅れ1090レ

Dsc_9648p
::: 1090レ EF65 1084 / Nikon D300S * Nikkor 70-210mm F4 / 8 Feb. 2011 :::

2011年2月8日の撮影分からです。この日は東海道の上り貨物列車が遅れていたのですが、まさかEF65もやってくるとは思いもしませんでした。EF210が引っ切り無しに来ていたので、遠くにEF65の塗装が見えたときは一瞬自分の目を疑ってしまいました。編成している貨車がコキ100系列ということから、1090列車と判断しました。本来ならば地元を0時50分に通過する、普通なら絶対撮れない列車です。思わぬ珍客でした。

| | コメント (2)

2011年2月 9日 (水)

田端区PFの単機回送

Dsc_9609p2
::: 単8992レ EF65 1103 / Nikon D300S * Nikkor 70-210mm F4 / 8 Feb. 2011 :::

前回エントリーした205系の試運転の前には、工臨の単機回送もやってきました。田端運転所の機関車は念入りな整備のおかげで綺麗な状態が保たれていますが、この1103号機は検査出場間もないということもあって車体の艶がひと際輝いていました。

田端運転所のEF65をカメラに収めるのは一年ほど前に同じ場所で桜と絡めたとき以来になります。工臨が撮れるのは平日ならではです。

| | コメント (0)

2011年2月 8日 (火)

相模線205系の試運転

Dsc_9615p
::: 試8825M 205系R12編成 / Nikon D300S * Nikkor 70-210mm F4 / 8 Feb. 2011 :::

今朝は183系を撮りに隣町まで行ってみようと思っていたのですが、はっきりしない天気で地元でぱぱっと撮影してしまいました。その183系は小田原~品川間が旅客線経由となっていたのですが、なぜか貨物線で来て10分早通でした。急に区間を変更することもあるんですね。

午後はEF210牽引の3075列車を撮りに出かけてみましたが、東北地方で強風の影響で遅れているらしく空振りになってしまいました。しかし一方で、東海道本線の上り貨物列車も大幅な遅延が発生していたようで、どんどん上りの貨物がやってきました。そしてまさかあの列車まで撮れるとは…。

そんななか、サプライズで相模線の試運転も登場。先日大宮工場を出場したばかりで足回りがとても綺麗でした。相模線は地元が始発ですが普段は全くとらないので、何か新鮮に思えます。ちょうど薄日も差したので順光で撮ることができました。蜃気楼で車体が浮いていますが。

今週は低気圧が接近しているので雲が多め。明日は東京の最高気温が4度までしか上がらないとか。

| | コメント (0)

2011年2月 7日 (月)

209系 房総転用車

Dsc_8477p
::: 189M 209系C432編成 / Nikon D300S * Nikkor 16-85mm F3.5-5.65G / 31 Dec. 2010 :::

2010年12月31日の撮影分からです。113系を撮影している合間に来た209系です。夕方の斜光で黄色と青の帯がとても鮮やかに見えました。このときはちょうどE217系の未更新車と離合。今度は更新車どうしの離合も撮ってみたいです。

老朽化した113系を淘汰する目的で千葉にやってきたので、一部のファンからはあまり好かれていないようですが、派手なラインカラーでの10両編成は見ごたえがありそうです。

2月中旬の3連休に内房線にて「おいでよ房総物語号」が走るそうなので、その際ついでに撮ってみようかなと思います。

| | コメント (0)

2011年2月 6日 (日)

復活! 湘南電車、故郷を駆ける。

_dsc9530p
::: 9821M 113系マリ117編成 / Nikon D300S * Nikkor 16-85mm F3.5-5.6G / 6 Feb. 2011 :::

東海道本線に113系がやってきた。

知り合いに、2月の5日と6日に東海道本線に113系がやってくると教えていただき、詳細を調べてみたところ、JR東日本横浜支社が企画する「懐かしの113系電車で行く東海道本線の旅」で、湘南色の113系が横浜~熱海間で走るということが分かりました。2009年にも「懐かしの113系」として東海道本線を走行していて、約1年半ぶりのリバイバル運転となります。

5日は先に予定が入っていたので撮りに行くことができませんでしたが、6日はしっかり撮影することにしました。

リバイバルなのだから、やはり地元で撮ったほうが思い出深くなるでしょう。また、少しでも順光で撮りたいので、線路が南向きになっている場所を選びたいと思います。ただし、撮影前日に疲れを出してしまったので、遠くには行かないことにしました。そして運転2日目の朝にロケハンをしてみたところ、4両編成の撮影に最適な場所があったので、そこで撮ることで決定しました。沿線の建物の影と2スパンだけ伸びる通信ケーブルがネックでしたが、後者は立ち位置をうまく変えればかわせそうでした。

広告には詳細なダイヤは詳細が書かれていなかったので、ダイヤ情報のダイヤグラムを利用して自分で予想されるスジを作ってみました。少なくとも下りは777Mの後続で、地元は11時過ぎに通過するということがわかりました。

本番30分前に現地に到着。快晴ではありませんが、まずまずの天気のようです。一方で、ロケハンの時に気になっていた影がやはり怪しく、若干車両にかかる程度でした。幸いにも薄日が続きそうなので、185系のような白い車体でなければ目立つこともなく許容としました。

777Mの通過直後、113系らしき列車の警笛が聞こえてきました。いよいよ本番です。標準で下から仰ぐ撮影方法となるのでカメラの設定は、1/1600sec.・F4.8・ISO200とし、アクティブ-Dライティングでハイライトとシャドウの階調を残すことにしました。そして11時02分、カーブから湘南色の113系が姿を現しました。思っていたより低速だったので、ベスト位置までしっかり持ってくることができました。そして後追いをして撮影終了。よく窓から顔を出している人たちが見受けられますが、今回は全く見かけることはなく、スッキリ撮ることができました。

この113系マリ117編成は、かつて国府津車両センターに所属していたS103編成とのこと。つまり、故郷(ふるさと)へ帰ってきたということになります。また、ヘッドマークなど特別な装飾はされず、往年の113系国府津車を見ることができました。

| | コメント (0)

2011年2月 4日 (金)

EF210とE231系の離合

_dsc9346p
::: 1155レ EF210-148 / Nikon D300S * Nikkor 70-210mm F4 / 4 Feb. 2011 :::

今日は二十四節気のひとつ、立春ですが、こよみ通りポカポカした陽気でとても過ごしやすかったですね。遠征も楽になる季節になってきたので、長い春休みを利用して色々な写真を撮りに行きたいと思っています。

実は昨日は自転車で遠征をしていたので、今日はオフということで地元でのんびりしていました。最近、起床とともにJRの輸送情報を確認するのが恒例となっていましたが、今朝見たら東北地方の遅延情報が少ししか掲載しておらず、その数の少なさから厳しい冬の終わりを告げたように思えました。

正午の貨物2本を撮影しにホームグラウンドへ。EF210-18牽引の1077列車は最近新設された貨物列車ですが、今日はいつもよりコンテナの積載数が多く見ごたえのある編成でした。その約10分後にやってくる1155列車は平成22年度ダイヤ改正で被られやすくなり、案の定、今日は東京行きの普通電車と離合してしまいました。望んだ離合ではないのであまり気持ちよくありませんが、半世紀もすれば貴重な離合写真として扱われることは言うまでもないでしょう。いや、それでも、撮りたかったシングルアームパンタグラフの148号機なだけに、本当に残念でした。

| | コメント (0)

2011年2月 3日 (木)

京葉線をゆくEF65 1089

Dsc_8781
::: 8472レ EF65 1089 / Nikon D300S * Nikkor 70-210mm F4 / 7 Jan. 2011 :::

2011年1月7日の撮影分からです。この日は早い時間から京葉線で撮影していたので、EF65牽引の貨物列車も撮ることができました。1357列車が順光の時間帯に走っているのは前々から知っていましたが、どうやら臨時の8472列車もあることで、楽しみに待っていました。

そして来たのは少し変わった色の1089号機。青色が大宮更新色に比べて明るく、紅葉色と言われるオレンジがかったナンバープレートが特徴なのは云うまでもありませんね。最近音沙汰ないようにも思えましたが、元気に走っていてなによりです。

この8472列車は臨専用なので毎日走るわけではありませんが、冬季の平日はたいてい毎日走っているようです。

| | コメント (0)

2011年2月 2日 (水)

田窓車の205系

Dsc_8788g
::: 1259A 205系ケヨ27編成 / Nikon D300S * Nikkor 70-210mm F4 / 7 Jan. 2011 :::

2011年1月7日の撮影分からです。この編成は山手線からのお下がりで、いわゆる"田窓"と呼ばれているいわれる量産先行車に分類される205系です。1985年に日本車輌製造にて落成し、それから25年以上も経っている今でも運転されています。ステンレス車のかなでも特に歴史のある車両です。ただしE233系の投入でもう先が長くないようです。

過去にこのブログで205系が出たのはこのエントリーでしょうか。JR東日本の一大勢力であるというのに、数えるほどしかエントリーしていなかったので、このタイミングで出してみました。

| | コメント (0)

2011年2月 1日 (火)

久しぶりのJT「宴」

_dsc9284g
::: 9513M 485系「宴」 / Nikon D300S * Nikkor 70-210mm F4 / 1 Feb. 2011 :::

2月の初日はジョイフルトレインでも撮ろうと思い、昼過ぎにホームグラウンドに行ってきました。

ちょうど1077列車と1155列車(いずれも岡山機関区のEF210が運用)も撮れたので、とてもおいしい時間でした。「宴」を撮るなんて何年ぶりでしょうか。JPEG時代に撮った記憶もあまりなく、少なくとも100%デジタル化をして初めてだと思います。

もはや485系の面影なんてありませんが、落ち着いた長春色をベースに金色を帯を配した車体色は、同区の「華」のようなきらびやかな色と対照的に、とてもゴージャスな雰囲気が出ていますね。

| | コメント (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »