« 0番代の3461列車はワム24両! | トップページ | 京葉線の変わり者・E331系 »

2011年1月15日 (土)

湘南電車との再会

Dsc_8282pcr2
::: 191M 113系マリ117編成 / Nikon D300S * Nikkor 16-85mm F3.5-5.6G / 25 Dec. 2010 :::

2010年12月25日の撮影分からです。76列車を撮影のあと、総武緩行線と同快速線を乗り継いで、113系が手ごろに撮影できる駅へ行きました。ところが、この日は強風の影響で千葉の各線に遅れが発生しているとのこと。運用もドア数に関わらず、3つドア8両の運用に4ドアの209系が入ったりして、各線とも入り乱れていました。案の定、乗り換え駅で乗った電車が、本来なら209系であるところを113系が運転。願わずにして懐かしい音のする電車に乗れましたが。

まずはじめに横須賀色の113系8連を撮影。鉄仮面のマリ218編成でしたが、この編成の先頭車はタイフォンが下部に装備する1000番代のなかでも、"仮面が目立たない"仕様となっています。

次に来る113系は10分後の191M。ダイヤの乱れで209系が来るかなと思いきや、遠方に見えたのが懐かしきあの色―湘南電車がきました。かつて東海道本線で活躍していた、小さいころから馴染みのあるみかん色と緑色の車体色。この色に再会するのは東海道・横須賀線でリバイバル運転があって以来のこと。ただしそのときは天気が悪かったので、順光でしっかり撮影するのはこれが初になります。夕日に照らされてより一層輝いた湘南電車がとても印象的でした。

|

« 0番代の3461列車はワム24両! | トップページ | 京葉線の変わり者・E331系 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 0番代の3461列車はワム24両! | トップページ | 京葉線の変わり者・E331系 »