« 2011年 元旦の霊峰富士 | トップページ | 新春恒例の成田臨 »

2011年1月 2日 (日)

ホリ快はやっぱり順光で!

Dsc_8648p_3
::: 9755M 「ホリデー快速鎌倉」 / Nikon D300S * Nikkor 70-210mm F4 / 2 Jan. 2011 :::

正月の三箇日は「ホリデー快速鎌倉」が運行中とのこと。この列車は115系で運転されていて、かつ鶴見~戸塚間にて東海道本線を運転するとても貴重な列車です。先に「むさしの号」などが新系列に置き換えられて、こちらも115系での運転が今後もあるのかと危ぶまれていましたが、情報誌には"115系 6両"としっかり記してありホッとできました。

さて、この列車の注目すべきは、やはり東海道本線を走ること。2006年に113系が引退してからも神奈川でこの顔を見れるのはとても貴重なことです。しかし、有名撮影地では光線がよくない割に混雑必至ですし、当該区間で前面にもしっかり光線の当たる場所はほとんどありません。

調べているうちに、手軽に順光で撮影できる場所を見つけたので、ダイヤを眺めて被りの確認などをします。我流プログラムで計算した結果、列車は特急「踊り子105号」を追うように09時26分30秒に通過するということがわかりました。これに対して被る可能性のある京浜東北線は2本ありましたが、どちらも通過時間との差が1.5分以上あったので、通過時刻に多少誤差があるとしても被りはないと判断しました。

そして本番。建物の影が線路上に伸びていたのは想定外でした。仕方がないのでテレ端210mm(=315mm相当)で撮影することになりました。旧設計レンズのため、テレ端で撮影すると画質がかなり落ちて色収差も凄いことこの上ありません。万一のための予備レンズ(28-300mm)も持ち歩くべきですね。

28分発の京浜東北線が3分停車するため先に到着。停車時間が1分もしない中、「ホリデー快速鎌倉」が現れました。被らず撮影は成功。撮影後、撮影時刻を確認してみたら"09:26:23"とのことで、通過時刻の予想が的中しました。

一つの列車に対してここまで念入りに調べるのは確実に撮影を成功させるためであり、私は決して無駄なことだとは思っていません。去年の同じ日にも同じことをしたことを思い出します。そのときはしっかり183系あずさ色を撮ることができました。何よりも、手間をかけて成功したモノへの達成感は、云うまでもなく最高です。

|

« 2011年 元旦の霊峰富士 | トップページ | 新春恒例の成田臨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2011年 元旦の霊峰富士 | トップページ | 新春恒例の成田臨 »