« 横浜界隈で「踊り子」を撮る | トップページ | 久しぶりのJT「宴」 »

2011年1月31日 (月)

3071列車が昼下がりを走る

_dsc9278p_2
::: 3071レ EF65 1068 / Nikon D300S * Nikkor 70-210mm F4 / 31 Jan. 2011 :::

1月も終わりですね。私は早くも先週から春休みに入り、のんびり写真を撮りながら過ごしています。

今日は地元で貨物列車でも撮ろうと思っていましたが、やはり東北や中部地方の大雪で遅れや運休が出ているようでした。運行情報のWebサイトをスクロールしていると、やはりあの列車も書いてありました。

30日発3080~3071列車(札幌タ~西浜松) 赤羽 +9時間24分

遅れている時間を地元に通過時間に当てはめてみると、地元は14時10分前に通過することがわかりました。ただし、時間通りにやってこないことはしばしばありますので、ちょうど13時ちょっと前には3461列車もあるので、張って待つことにしました。

3461列車は定刻になっても来ませんでしたが、13時14分に貨物線の信号が開通し、遅れている何らかの貨物列車が来ることがわかりました。しばらくすると遠方の踏切の遮断機が降り、架線柱の影から顔を出したのはEF65PF型。つまり、3071列車来たのです。以外に早く来てしまったことに少し驚きますが、単写でバッチリ決めることができました。

3071列車は東海道本線で数少ないEF65が運転する珍しい列車。そして、貨車がすべて国鉄生まれのコキ50000系を使用している珍しい列車。さらに、地元では未明を通過する日中では見られない珍しい列車。この珍しい3本拍子の3071列車が昼下がりのもとに順光で撮れるのは、非常に貴重なものです。

※2011年2月2日追記
 写真を《RAW Therapee》で現像したものから、《Adobe Photoshop CS5 Extended》で現像したものに変更しました。

|

« 横浜界隈で「踊り子」を撮る | トップページ | 久しぶりのJT「宴」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 横浜界隈で「踊り子」を撮る | トップページ | 久しぶりのJT「宴」 »