« 中部地方への運び屋、951レ | トップページ | 鹿島貨物で1068号機に再会 »

2010年12月10日 (金)

185系を楽しむ季節

Dsc_7700p
::: 回3736M 185系C2編成 / Nikon D300S * Nikkor 16-85mm F3.5-5.6G / 5 Dec. 2010 :::
(安全な場所で撮影)

2010年の初頭によく撮影していた185系の回送列車です。太陽の南中高度が低くなっている秋から春にかけて、道床の照り返しが少なくなり、光源がほかの物体を介さず直接車体に反射するために、185系の湘南色を一層楽しめます。

RAW現像はカメラの付属ソフトである《Nikon View NX2》に任せています。撮影の際にはすべて12bit RAW・ロスレス圧縮、ピクチャーコントロールをニュートラル[NL]、アクティブD-ライティングは標準で撮影しています。これは、現像時に扱いやすくするためです。

撮影した画像は《Nikon View NX2》で彩度などを自然な色合いまで復元し、同時にシャドウとなる部分を明るくしたり、コントラストを高めるなど、明るさについても実際の明るさに基づいて復元します。ホワイトバランスを自由に変えられるのも、RAWファイルの強みのひとつです。D300Sの1005分割RGBセンサーですでに高精度なホワイトバランスが得られていますが、朝の赤みを演出するために、オートより少しだけケルビン値を上げました。

たいていは以上の工程で、RAW現像をしています。

この話の結論としては、フリーソフトでもカメラ側の設定と上手に組み合わせれば、素敵な写真が作れるというわけです。ふだん何気なく撮っている写真をさらに素敵にするために、カメラ側の設定もいじってみるのも面白いでしょう。

|

« 中部地方への運び屋、951レ | トップページ | 鹿島貨物で1068号機に再会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中部地方への運び屋、951レ | トップページ | 鹿島貨物で1068号機に再会 »