« 神奈川新聞花火大会 | トップページ | 夏の風物詩、快速「白い砂」 »

2010年8月 6日 (金)

二休のEF65 1064を順光で撮る!

Dsc_4571c
::: EF65 1064 (新鶴見機関区にて) / Nikon D300S * Nikkor 70-210mm F4 / 1 Aug. 2010 :::

昭和50年度3次債務として、首都圏の旧型電気機関車置き換え用に、1977年1月7日に落成した1064号機。現在、新鶴見機関区で稼動するPF型の中で唯一、白Hゴムで国鉄特急色を維持する機関車ですが、惜しくも2010年2月ごろに二休車となり、本線走行を見ることが出来なくなってしまいました。

休車状態においては、屋根のない非架線域内に押し込められていて、ナンバープレート、製造銘板およびエンド表記が取り外され、色が褪せてゆくのを待つばかりになりました。ところが4月に、現場関係者の好意によりクリーム色のナンバープレートが取り付けられる変化がありました。さらに7月にはパンタグラフがPS22B型から、僚友の1050号機が搭載していたPS17型に交換されました。もともと1064号機はPS22B型ですが、二休車という時間を経て往年のPF型が再現されました。

通学途中の新川崎の車窓からは1064号機と1041号機が並んでいるのが見えます。いつかはこの2車両を順光で撮ろうと思い、手始めに1064号機のみを順光でとることにしました。順光になる時間は夏では16時過ぎから。ちょうど横浜で花火大会がある8月1日に遂行しました。

|

« 神奈川新聞花火大会 | トップページ | 夏の風物詩、快速「白い砂」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神奈川新聞花火大会 | トップページ | 夏の風物詩、快速「白い砂」 »