« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月18日 (日)

An afterglow in Chigasaki

Dsc_4495c
::: An afterglow in Chigasaki / Nikon D300S * Nikkor 16-85mm F3.5-5.6G / 19 Jul. 2010 :::

梅雨明けが発表され、いよいよ夏本番!日中は透き通った水色の空が一面に広がり、日没になると夕焼けが空をオレンジ色に変えていきます。夏休みに入れば入道雲も出てくるので、これからは空模様が楽しみですね。

土曜日の夕焼けはカーテン閉めていて逃してしまったので、今日、勉強の合間に2時間ほど海まで遊びに行ってきました。夕方太平洋高気圧のため海風がとても強く、カメラにとって過酷な撮影環境でしたが、美しい夕焼けと出会うことができて久しぶりに感動しました。富士山も大山(右の山地)もはっきりくっきり見えています。

さて、明日は海の日ということで、地元茅ヶ崎では浜降祭があります。神輿を担ぎながら海に入る"禊"という儀式はとても迫力がるので毎年楽しみなんですが、今年の自分はふつうに大学があるため撮りに行けません。明日も朝から晴れるそうなので、撮影に行きたかったんですが…。

今週はとても忙しくなりそうです。

| | コメント (0)

2010年7月16日 (金)

カシ釜甲種、真夏の湘南をゆく

Dsc_4421c_2
::: 8860レ EF510-510(カシオペア塗色)甲種輸送 / Nikon D300S * Nikkor 16-85mm F3.5-5.6G / 16 Jul. 2010 :::

今日は、大学の1時限目が休講になり2時限目からでしたので、通学前にカシオペア塗色のEF510を撮影することが出来ました。

天気にも恵まれて折角の撮影日和なので、良いロケーションで撮らなければ意味がありません。夏の撮影に最適なロケーションがあるのは、深緑と青空がよりいっそう映える平塚以西です。下り電車で平塚を過ぎてから車窓を眺めれば、豊かな緑と大きな青空がいっぱいに広がって見えるでしょう。今回は、オシャレな駅舎で有名な大磯駅にて駅撮りすることにしました。

大磯駅ではホームの両端に人だかりが出来ていましたが、東京方で撮ると青空が全く入ってくれないので、理想のロケーションを果たすことができる小田原方で準備をします。あくまでもメインはカシオペア塗色のEF510ですので、望遠を使わずにサイド気味になる立ち位置にしました。そのためホーム幅に対して中心寄りですので、自分のいるホームが少し入ってしまいますが、安全に撮影するためにも仕方ないことです。

直前の「湘南ライナー」で露出を確認したところ、1/1000sec.・F6.3・ISO200・アクティブD-ライティング強めの設定で白とびしないことが分かったので、ここで基本設定が整いました。さらに、ピクチャーコントロールをニュートラルに変更、AF置きピンで高速連続撮影のため、1/1250sec.まで上げて最終決定です。若干暗めの写真が出来てしまうように思えますが、アクティブD-ライティングで暗部を保護できているので安心です。

制限された立ち位置で構図を決める上で、走行路線の弧が画面からはみ出さないこと、アジサイを入れることに注意します。もう少し時期が早ければ群青色のアジサイが見られたんですがねえ…。

ロケーション、光線、構図、文句なし!

やっと現れたEF510-510甲種輸送は、EF66 54がエスコート。秒7コマの高速連続撮影を生かして、真夏の湘南をゆくカシ釜甲種を確実に捕らえました。

| | コメント (4)

2010年7月11日 (日)

戸塚のストレートでE259系を狙う!

Dsc_4312c
::: 2145M 特急「成田エクスプレス45号」送り込み回送 / Nikon D300S * Nikkor 70-210mm F4 / 6 Jun. 2010 :::

前回のエントリーからもう1ヶ月が経ってしまいました。

その間に、うっとうしい梅雨に入ってしまい、傘が手放せない季節になりました。梅雨って自分や教科書が濡れるとやっぱ面倒ですが、電車に乗る人たちの足からキュッキュと音がなったり、トンネルに入ると窓の雫が天の川に見えたり、渋谷界隈の車窓からは様々な色の花が入り乱れていて、なかなか面白い季節じゃないですか。

天気の良かった昨日の夕方、今年初めてセミの鳴き声を聞きました。この、夏の到来を教えてくれるセミの名前はニイニイゼミ。泥まみれの丸っこい殻を破って羽化し、小柄な体から精一杯鳴きます。高校に通っていたときは、ちょうどセミの鳴き始めるこのころに期末考査があり、"セミが鳴く=焦る"でした。

さて、先週から大学も試験期間へ突入。明日からはもっと忙しくなりそうです。今週は平穏ですが、その次の週からは怒涛の試験、試験、試験。大学は半端な知識で試験に挑んでしまうと、その先には楽しい再履修が待っていますので、しっかりやらねばなりませんね。

写真は、前回のエントリーの写真と同じ日に撮影したE259系です。成田空港行きの電車は先頭が北向きになるため、たいがいは順光で撮ることはできません。ここで、夏の光線方向を有効に利用して、成田空港行きのE259系を順光で撮ろうというわけです。

6両編成なのが悩みですが、ハイアングルにすることによって、E259系の特徴でもある赤い屋根を見せられるので、インパクトが出ていると思います。夕方の光線は日中よりも明るさが落ちるので、ベースカラーの白とびを回避できました。さらに現像時では《CaptureNX2》のカラーコントロールポイントを使い、赤をより赤く見せて仕上げました。

次回のエントリーは8月になってしまうかな?

| | コメント (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »