« 戸塚のカーブでE217系を狙う! | トップページ | カシ釜甲種、真夏の湘南をゆく »

2010年7月11日 (日)

戸塚のストレートでE259系を狙う!

Dsc_4312c
::: 2145M 特急「成田エクスプレス45号」送り込み回送 / Nikon D300S * Nikkor 70-210mm F4 / 6 Jun. 2010 :::

前回のエントリーからもう1ヶ月が経ってしまいました。

その間に、うっとうしい梅雨に入ってしまい、傘が手放せない季節になりました。梅雨って自分や教科書が濡れるとやっぱ面倒ですが、電車に乗る人たちの足からキュッキュと音がなったり、トンネルに入ると窓の雫が天の川に見えたり、渋谷界隈の車窓からは様々な色の花が入り乱れていて、なかなか面白い季節じゃないですか。

天気の良かった昨日の夕方、今年初めてセミの鳴き声を聞きました。この、夏の到来を教えてくれるセミの名前はニイニイゼミ。泥まみれの丸っこい殻を破って羽化し、小柄な体から精一杯鳴きます。高校に通っていたときは、ちょうどセミの鳴き始めるこのころに期末考査があり、"セミが鳴く=焦る"でした。

さて、先週から大学も試験期間へ突入。明日からはもっと忙しくなりそうです。今週は平穏ですが、その次の週からは怒涛の試験、試験、試験。大学は半端な知識で試験に挑んでしまうと、その先には楽しい再履修が待っていますので、しっかりやらねばなりませんね。

写真は、前回のエントリーの写真と同じ日に撮影したE259系です。成田空港行きの電車は先頭が北向きになるため、たいがいは順光で撮ることはできません。ここで、夏の光線方向を有効に利用して、成田空港行きのE259系を順光で撮ろうというわけです。

6両編成なのが悩みですが、ハイアングルにすることによって、E259系の特徴でもある赤い屋根を見せられるので、インパクトが出ていると思います。夕方の光線は日中よりも明るさが落ちるので、ベースカラーの白とびを回避できました。さらに現像時では《CaptureNX2》のカラーコントロールポイントを使い、赤をより赤く見せて仕上げました。

次回のエントリーは8月になってしまうかな?

|

« 戸塚のカーブでE217系を狙う! | トップページ | カシ釜甲種、真夏の湘南をゆく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 戸塚のカーブでE217系を狙う! | トップページ | カシ釜甲種、真夏の湘南をゆく »