« 急行「能登」の最期を撮る② | トップページ | 新しい学生生活が始まる »

2010年3月21日 (日)

京葉線の青い201系

Dsc_3120c
::: 885A 201系K4編成 / Nikon D300S * Nikkor 70-210mm F4 / 20 Mar. 2010 :::

この日は京葉線にTDR臨が3本入るということで、始発に乗って撮りに行くことにしました。

TDR臨が同じ日に何本も入線することは年に何回もあり、さほど珍しくはありません。2007年に同じくTDR臨が3本来た時は葛西臨海公園でも10人ほどでした。ちょうどその日は青梅線にDD51のPPで旧客が走る日でしたので、そちらに撮影者が流れたからかもしれませんが。とにかく、当時は489系も関東で多く見ることができ、撮影者も疎(まば)らで少なかったと記憶しています。

しかし今日では、先日のダイヤ改正で489系ボンネット車による急行「能登」が廃止され489系の稀少性が一段と上がり、TDR臨にて上京するたびに人が集中するのが不可避となってしまいました。今回はとりわけ「能登」廃止直後で、有名な葛西臨海公園や舞浜には通過2時間前だというのに50人を超える人の塊が出来ていました。自分が向かった場所はあまり有名でないためか予想をした回る少なさでしたが、それでも自分が着いた時には10人ほどがスタンバイしていました。

なんとか489系を順光で仕留め、最後に来る秋田車の583系までに普通電車を何本か撮影。そのなかでも特に、新型車両の導入により今後の去就が心配される201系は、TDR臨並みの緊張感を持って挑みました。路線カラーが赤色なだけに、まさに青い201系は異色の存在です。透明感や清涼感のある塗色ですから、夏の光線でも撮ってみたいですね。

583系まで居、武蔵野線をグルッと回って相模線経由で帰宅。この日一番の収穫は青い201系だったかもしれません。

|

« 急行「能登」の最期を撮る② | トップページ | 新しい学生生活が始まる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 急行「能登」の最期を撮る② | トップページ | 新しい学生生活が始まる »