« やっと183系あずさ色 | トップページ | クモヤ143形を5年ぶりに... »

2010年1月 5日 (火)

輝くエアロ・ダブルウイング

Dsc_0599c3
::: 124A 「のぞみ124号」 / Nikon D300S * Nikkor 70-210mm F4 / 5 Jan. 2010 :::

本日5日で500系の3往復体制が解消。定期と臨時がそれぞれ1往復残るも、それらも2月末で運転終了となり、東海道を走る16両編成の500系の勇姿も残りわずかですね。

今日もまた新幹線の撮影に行ってきました。今回は朝が遅かったものの先日と同行程で回り、14時過ぎに小田原駅に到着。早速入場券を買って新幹線ホームに上がってみると、先日来たときよりも人出が凄く、撮影できる場所はほとんど埋まっていました。その後、何とか場所を見つけて通過20分前にやっとセッティグできました。

本番の「のぞみ179号」は成功。次の「のぞみ183号」までの1時間は、広角で700系を撮ったり、エヌナナを逆光で捕らえてみました。エヌナナは他の形式と違ってエッジのきいた先頭形状なので、美しい曲線美のエアロ・ダブルウイングがよりいっそう映えます。普通の設定で撮影したので、RAW現像時に明るさやコントラスト、ガンマをいじくってそれらしい画にしてみました。今日の撮影では、RAW現像通してこのエヌナナが一番良かったかもしれません。

そして「のぞみ183号」はというと、影が入って大失敗。というのも、通過1分前まで曇天で架線柱の影の位置が把握できず、やっと晴れたと思ったら500系のヘッドライトがすでに見えてしまっていたという始末。さらに、夕方は影の移動が早くなってしまうので、曇る以前の構図では先頭部に影が掛かってしまいます。無理に構図を変えてライブビューでピントの確認までしまったのがアダとなってしまいました。また、D50との無謀な2台撮影も失敗を招いた気がします。先日の立ち位置を覚えていれば、すこし状況が変わっていたかもしれませんが…。もう後が無いので相当悔やむ結果になってしまいました。

後味は決していいものではないので、今度は違う時間帯になってしまいますが、今後また新幹線を撮る機会が出来れば挑戦したいですね。

|

« やっと183系あずさ色 | トップページ | クモヤ143形を5年ぶりに... »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっと183系あずさ色 | トップページ | クモヤ143形を5年ぶりに... »