« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月31日 (木)

大晦日の夕暮れ

Dsc_0128c3
::: Nikon D300S * Nikkor 28-80mm F3.3-4.5G / 31 Dec. 2009 :::

今年一年ありがとうございました。

3年次からの理系クラスの一員になり、地味なクラスに一転しました。年度はじめの社会化見学と称したTDL遠足以外には、とくに大きな行事もなく、夏休み明けから入試が本格的にスタートしました。自分も、今年の抱負であった"必ず達成しなければならない目標"に向けて全力を尽くし、おかげさまで11月中旬に合格通知を手にすることが出来ました。これはクラスメイトや先生方のサポートなくしては実現できなかったとだと感じています。

写真に関しては、"鉄道に限らず、とにかく色々なモノを撮る"でした。空がいつの間にか好きになり、朝焼けや夕焼けなどの撮影にも奮闘しました。また、徐々に姿を消している国鉄車両の撮影にも力を入れ、地元でコツコツ183系を撮ったり、特急「雷鳥」を求めて関西遠征もしました。

今年はNikon D50が8495枚、Canon EOS30Dは1626枚、そして今月28日から撮影開始のNikon D300Sは147枚で、合計10268枚でした。去年言っていた"量より質"なんて言葉はどこにいったんでしょうか(笑)

来年は大学生になる年。怠けぬよう、気を引き締めていかなければなりませんね。

それでは皆さま、良いお年をお迎えください

| | コメント (0)

2009年12月29日 (火)

今年もあと僅かだにゃん

Dsc_0023c2
::: Nikon D300S * Nikkor 70-210mm F4 / 29 Dec. 2009 :::

今年も残すところ2日。今年は政治の激動、著名人の急逝、新型インフルエンザの流行等々、様々な出来事がありました。自分も入試などがあり、例年に比べ?忙しい年でした。とはいえ来年は大学生になりますから、もっと忙しくなりそうです。

今日の夕方は柳島まで行き、適当にネコなんかを撮ったりしてのんびり過ごしました。被写体になってもらったネコは、人なつこ過ぎるせいか近づいてもシカトされます。ですので、ちょうど目を細めたところを撮ってみました。

富士山も雲に閉ざされて、夕焼けもそこまで綺麗ではありませんでしたが、17時まで移りゆく空を眺めました。

帰るときに自転車の後輪がパンクして、手押しで帰る羽目になりましたが…。

| | コメント (2)

2009年12月28日 (月)

記念すべき一枚目

Dsc_0001c2
::: 1155レ EF210-3 / Nikon D300S * Nikkor 70-210mm F4 / 28 Dec. 2009 :::

昼前には天気が回復しましたので、D300Sの初撮りをしてきました。

記念すべき"DSC_0001"は一発撮りで決めたいこともあり、このカメラの最高画質である14ビット非圧縮RAWで撮影します。また、早速ライブビューを使ってピント調節をしてみました。そのため、構図を変えてフォーカスポイントにピントが合っていなくても、シャッターが切れるように設定。さらに、アクティブD-ライティングを"標準"にして白とび、黒つぶれを軽減させます。

いよいよ貨物列車がやって来、串パンにならないように注意してシャッターを切りました―。

撮影した写真のサイズは25MB。D50の5倍もあってビックリです。ただ、初期設定に近い状態で撮っていますので、色合いについてはなんとも言えません。またまだチューニングが必要です。

| | コメント (2)

2009年12月27日 (日)

Nikon D300Sを購入!

Img_2988c_2

憧れていたNikonの3桁シリーズ。ついに《Nikon D300S》を購入しました。

D50を使い続けて、はや5年。故障やファームウェアのバグなど、色々なトラブルがありましたが、カメラの持つ機能をフルに発揮してきました。1年前からはRAWを使い始め、古臭さを見せない色づくりに感心させられました。

また、拙ブログは単なる撮影報告ではなく、自分の成長過程が記録されている貴重な日記と感じています。開設当時に撮影した写真と、ここ一年で撮影した写真を比べてみれば分かりますが、多からず、良くなったところはあると思います。

ところが、ここ一年RAWで撮っているうちに、気になる点もいくつか出てきました。610万画素のD50ではディティールが不十分で、特に遠風景を撮っているとパッとしない画になってしまいます。また、夕焼けを撮るにもノイズが多く階調も滑らかではありませんでした。これらは、次々と新しい機能を搭載し高画素化されたカメラが発売されているから分かることですね。

そろそろ世代交代してもいい頃合い。そして来年は大学への進学など大きな節目を迎えるので、新しいデジタル一眼を導入することにしました。カタログやインターネットで情報を集め、一番自分に適しているのがD300Sと確信し、決定しました。

12月26日、ついにD300Sが手元に来ました。金色の箱を開けD300Sを手にしたときは、思わずニヤリとしてしまいました。グリップの握り心地はさすがニコンです。メニュー項目がD50とまさに段違いで、ものすごく多く見えてしまいます。マルチセレクターのストロークにもちょっと慣れませんが。お楽しみのファーストショットは29日なるかな。

"宝の持ち腐れ"にならないよう、説明書を見ながらD300Sを知っていこうと思います。

| | コメント (0)

2009年12月25日 (金)

Merry Christmas from Japan

Img_2848c2
::: 湘南銀河大橋 / Canon EOS30D * TAMRON 17-50mm F2.8 ASPHERICAL / 20 Dec. 2009 :::

| | コメント (0)

2009年12月21日 (月)

夕暮れの新幹線

Img_2825c
::: 479A 「ひかり479号」 / Canon EOS30D * TAMRON 17-50mm F2.8 ASPHERICAL / 20 Dec. 2009 :::

20日の午後は、夕暮れと東海道新幹線のコラボを撮るため平塚まで行ってきました。自転車だと約1時間の道のりは、冷たく強い向かい風ということもあって非常に疲れました。

撮影するには微妙な時間帯に着いたので、8時から撮影しているという方とご一緒しながら、適当に撮影し、自分は日が沈むのを待ちました。

夕暮れで露出が厳しく、新幹線を撮るには厳しい撮影条件です。ここでは、ギリギリ地面が見えるくらいまでシャッタースピードを下げて、1/1250sec.・F4・ISO200で撮ることに。

夕焼けが綺麗になってから、300系が背後からやってきました。良い具合に車体側面が染まってくれるかなと期待しつつ撮ってみましたが…。前回の撮影よりは綺麗かな。カメラを振りながら勘で切ったため、とても窮屈な画になってしまいました。

| | コメント (0)

2009年12月20日 (日)

1155レ、改正でどうなるか

_dsc9310c2
::: 1155レ EF210-15 / Nikon D50 * Nikkor 70-210mm F4 / 20 Dec. 2009 :::

先週末にJR各社からダイヤ改正のプレスリリースが発表されました。そのうちJR貨物の発表を見ていると、梅田→相模貨物のコンテナ輸送を、現行の52レ~(東京タ経由)~1155レから、改正で92レ~1080レの経由なしのルートへと短縮されるとの記事がありました。

コンテナの配達方法が変わるだけで、列車は残るということが考えられますが、列車自体が完全に52レからの引継ぎだと、ダイヤから消滅する可能性があるかもしれませんね。岡山機関区のEF210が担当する1155列車は地味な存在で、毎回撮っているわけではありませんが、この整った16両編成が見れなくなってしまうのは惜しい気がします。

同じ時間帯に今年度から設定された1077列車があり、こちらは順調にコンテナ積載数が上がっていると感じています。同じ岡機EF210の運用ですから、仮に1155列車が消えたとしても1077列車で何とか撮影カバーできそうでが…。

| | コメント (0)

2009年12月19日 (土)

玲瓏たる赤富士

Dsc_9088c_2
::: 赤富士 / Nikon D50 * Nikkor 70-210mm F4 / 19 Dec. 2009 :::

西高東低の気圧配置、そして日本海側は大雪。その天気と、地元・茅ヶ崎の最低気温の数字が、関東地方が必ず晴れることを約束し、赤富士が撮れることを保証しました。

青黒い空に星が輝く極寒の朝を向かえ、耐寒重装備で出発。海に近づくときには雲ひとつ無い空が色づき始め、撮影遂行を期待させます。富士山の方も、透き通った空気のおかげで良く見えていました。しかし、いざ着いてみると、予想外にも水平線に雲が居座っているじゃないですか…。ですが、染まる時間が少し遅くなるくらいで影響は皆無と判断し、堤防の先端に三脚を作り、望遠レンズを富士山に向けて撮影準備完了。

今朝は波浪から湯気が出るほどの寒さ。また、背景は青と紫のグラデーションを静かに変化させ、刻々と迫る日の出を伝えていました。富士山頂の日の出は6時37分、本来ならここで染まり始めなければなりません。

南からの寒風に耐えながら待つこと15分、遠く伊豆半島の雲が赤くなり始めると、まもなく富士山頂が赤く染まり始めました!
瞬く間に下方まで染まり、その経過を10秒おきに撮影。6時57分に見事な赤富士となり、ついに撮影遂行です。その後10分もしないうちに"普通の富士山"に戻り、あっという間でした。

天気に左右されてこれまで撮影出来ないでいましたが、今回、素晴らしい情景に出会えて感無量です。

| | コメント (0)

2009年12月13日 (日)

太陽の息吹

Img_2464c
::: 太陽の息吹 / Canon EOS30D * TAMRON 17-50mm F2.8 ASPHERICAL / 12 Dec. 2009 :::

12日の夕方、自宅から見た空が綺麗な夕焼けを予告していたように見えたので、日没前後に海まで行って来ました。

着いてすぐ目に入ったのは、太陽が息吹をかけるかの如く雲が放射状に広がっている壮大な光景でした。この光景を織り成す雲は瞬く間に消えてゆき、日没時にはすっかり無くなってしまいました。

| | コメント (0)

2009年12月12日 (土)

HM付き27号機を順光で撮る!

Dsc_8873c3
::: 5097レ EF66 27 / Nikon D50 * Nikkor 70-210mm F4 / 12 Dec. 2009 :::

運用掲示板で27号機の運用を追いながらパターンを探っていると、第二週のA24から入るかもしれないという事が分かりました。5097列車を順光で撮れるのはホームグラウンドのみでしたが、最近撮ったデータを見ると「踊り子」被られるとのことで、様子見をすることにしました。

推測が当たり、27号機はA23~A37の組に入り、土曜日の5097列車に撮影できることが確実になりました。

再度、事前調査のため6日の5097列車を狙うことにします。結果は、5097列車が通過した後に「踊り子」が通過し、今度は被らずに撮影することが出来ました。しかしその時間差僅か30秒! 賭けですが、そこで撮ることに決定。

前夜、天気予報を確認すると昼前には晴れるらしく、期待半分、不安半分です。

そして今日。10時半過ぎに現地入りして、知り合いとも合流。慣れた場所での撮影ですので普段どおりの諸設定・構図です。怪しい雲に恐れつつ、後ろで撮影する方々と確認を取りつつ―、あれ?「踊り子」が先に来てしまいました。とある条件を満たしたので被り回避は免れ、「踊り子」の影からEF66 27が姿を現しました。悲願の順光+ヘッドマーク装着の27号機撮影達成です。

その後、知り合いと鉄談義で盛り上がったりで、3461列車まで撮影しました。

本日お会いした皆様、撮影お疲れ様でした。

| | コメント (3)

2009年12月 8日 (火)

85mmで185系

Dsc_8254c
::: 回3236M 185系C3編成 / Nikon D50 * Nikkor 28-85mm F3.5-4.5 / 21 Nov .2009 :::

期末考査が終了しました。数学Ⅲと化学Ⅱ…、あれほど厳しかったものはないですね。

さて、週末の5097列車が楽しみですね。撮影場所はすでに決めています。しかし、事前調査をした結果、「踊り子」に被れる可能性が高く、次いで5097列車の編成前半がスカスカですので、後者はまだしも、避けられない問題は未だ山積みです。

写真は、11月21日に相模貨物付近で撮影した185系回送列車です。更新色のDE11を撮るため早朝から赴き、そのついでに撮れそうだったので、85mmで決めてみました。ちょっと顔が不格好?

もっと早くに知っていれば、ここで「富士・はやぶさ」を撮影したかったと思う今日この頃…。

| | コメント (3)

2009年12月 6日 (日)

夕刻のEF210-161

Dsc_8757c_2
::: 1157レ EF210-161 / Nikon D50 * Nikkor 70-210mm F4 / 6 Dec. 2009 :::

先週に引き続き、寝坊で赤富士を撮り損ねてしまいました。いやはや、「本当に撮影する気あるのか?」と自分を疑ってしまいます。

それでも富士山は撮りに行きたかったので、午前中は海へ。富士山の積雪は去年に比べて裾野まで広がるのが早く、標高約1800メートルの二ツ塚まで積もっていました。また、目の前では釣り人が苦戦していたり。エサだけ持っていかれるパターンばかりで、なかなか難しい様子でした。

午後は3075列車だけ撮って、しばらく期末試験の勉強。ちなみに、単機だと思って見逃した3461列車には、赤い機関車が付いていたようです。「逃がした魚は大きい」とはこのことですね。

夕方、1157列車撮影のため松尾へお邪魔することに。ホームグラウンドでその列車を撮ると、列車の向きと光線との角度が縮まり過ぎているので良い画になりません。松尾の夕方は建物の影が掛かってしまいますが、それを承知の上で出陣しました。

影は所定の切り位置にはギリギリ被らず、なんとか撮れる模様。1/500sec.・F5.0・ISO200で待機すること5分。つい最近運用に就いたばかりの、ピカピカ161号機でした。編成前半がスカスカなのが微妙でしたが、良い光線で撮ることが出来ました。

| | コメント (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »