« 特急「雷鳥」紀行11:雷鳥33号はA10編成 | トップページ | 特急「雷鳥」紀行13:初秋の小野~和邇 »

2009年10月 5日 (月)

特急「雷鳥」紀行12:1日目の〆、雷鳥30号

Dsc_6565c_2
::: 4030 特急「雷鳥30号」 / Nikon D50 * Nikkor 70-210mm F4 / 21 Sep. 2009 :::

まもなく陽が出てきて、構図の後方に影が掛かるようになったものの、一気に光線が良くなってきました。

せっかく来たのだから、やっぱり〆は順光で撮りたいという気持ちがあります。それに、意外にも順光でパノラマ編成を撮影していません。気を引き締めて、最大望遠とAF-C(自動追尾)を駆使して臨みます。

秋であるために影が思った以上に被り、狙いは先頭車が0角度になる手前。バランスが悪くなってしまいますが、構図にも少し難があるため、そこはご愛嬌です。

16時47分、いよいよ踏切が鳴り始め、彼方の"名神クロス"のあるカーブにパノラマが見えました。フラット音が次第に近づき、山影から抜けて夕日を浴びるカーブに差し掛かり―。

轟音は瞬く間に通り過ぎ、斜陽を浴びながら弧を描いて去りました。

1日目はこれにてお開きですが、宿泊するホテル(心斎橋)へ行く際に、ちょうど大阪で「日本海」と「雷鳥41号」の発車が見れるので、記念写真兼ねて行ってみました。

夕飯は、長堀の「和幸」のレストランで。期間限定の"紅葉"を頂きました。美味しかったです。

8時過ぎにホテルにチェックインし、風呂で一日の疲れを癒し、2日目の湖西線での予定を軽く立て、23時半には就寝しました。同行の父親もお疲れ様です。

|

« 特急「雷鳥」紀行11:雷鳥33号はA10編成 | トップページ | 特急「雷鳥」紀行13:初秋の小野~和邇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 特急「雷鳥」紀行11:雷鳥33号はA10編成 | トップページ | 特急「雷鳥」紀行13:初秋の小野~和邇 »