« 特急「雷鳥」紀行10:伝統のマルーン色! | トップページ | 特急「雷鳥」紀行12:1日目の〆、雷鳥30号 »

2009年10月 4日 (日)

特急「雷鳥」紀行11:雷鳥33号はA10編成

Dsc_6552c
::: 4033M 特急「雷鳥33号」 / Nikon D50 * Nikkor 70-210mm F4 / 21 Sep. 2009 :::

パノラマ車編成の「雷鳥95号」を狙うため高橋川踏切に戻りましたが、運悪く逆光の時に限って晴れてしまい、光線が悲惨でした。ここで、前回の遠征の時にも足を運んだサントリーカーブに行ってみることにしました。

高さ2メートルほどのフェンスは依然として張られていて、脚立などが無いと普通に撮れないあり様でした。しばらくの間、撮れそうな場所を探してみましたが、あまりいい場所は見つけられず、高橋川踏切にトンボ返りしました。

さて、いよいよラストスパートです。まだ青空も見え時折陽が差すものの、天候が一段と悪くなってくる気がしました。着いて束の間、下り線を「雷鳥33号」が抜けました。非パノラマ編成ですので後追い(大阪側)もしっかり撮影。実質クロ481系が見納めですからね。

1日目最後の撮影となる「雷鳥30号」の通過時刻は16時48分ごろ。それまで天気と影が保てばいいんですが…。

|

« 特急「雷鳥」紀行10:伝統のマルーン色! | トップページ | 特急「雷鳥」紀行12:1日目の〆、雷鳥30号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 特急「雷鳥」紀行10:伝統のマルーン色! | トップページ | 特急「雷鳥」紀行12:1日目の〆、雷鳥30号 »