« E233系甲種輸送をリベンジ② | トップページ | 特急「雷鳥」紀行0:序章? »

2009年8月29日 (土)

P型牽引ブルトレが復活

Dsc_6037c
::: 回****レ 「横浜開港150周年記念号」(回送) / Nikon D50 * Nikkor 70-210mm F4 / 29 Aug. 2009 :::

"東海道にブルトレが走る"という情報を小耳に挟んだのは7月中旬のこと。この瞬間からすでにワクワクしていました。8月中旬からは"情報をかき集めては整理する"を繰り返し―、前夜にはほぼ確定した情報が入電。期待を胸に、しかし交通費はケチって大回り使用で撮影することにしました。

29日早朝、相模線で橋本まで行ってから横浜線で東神奈川へ。到着時は、被り率の問題もあってか、同業者3名と少なめでした。湘南新宿ライン経由(横須賀線)を撮る構えで、被る予想をしていた京浜東北線が視界から消えたそのとき、あれ、東海道線…。

大敗を期したあと、保土ヶ谷の折り返しでEF65 501が先頭となる回送を撮るため横浜に移動。これが本命、いよいよP型牽引のブルトレ登場です。

1978(昭和53)年7月28日、長きに渡って東京口のブルートレインを牽引してきたEF65 500番代P型は、その座を同形1000番代に譲りました。以後30年間、P型の大多数が貨物仕業をこなして来ました。

しかし転機が訪れたのは2008年。保安装置の関係でP型を含む500番代のほとんどが廃車に追い込まれることに。残った535号機は保留車扱いになりましたが、対して501号機はJR東日本へ返却され全般検査を受けました。

そして501号機は団体列車の牽引に復帰し、今日、2009年8月29日、「横浜開港150周年記念号」の牽引機として、約31年ぶりに24系寝台車を牽引しました。往年の走りを見せるP型は、色あせぬ貫禄がありました。

*EF65 501は1978年(昭和53)年6月17日に当時の下関運転所から沼津機関区に配属替されています。

[参考文献]
イカロス出版より「国鉄新性能電気の軌跡 直流電気機関車EF65」

|

« E233系甲種輸送をリベンジ② | トップページ | 特急「雷鳥」紀行0:序章? »

コメント

昨晩はどうもm(__)m
編成撮り出来る時間が少なかったので騒がしかったですが、平塚にハネはやばかったですね。
余裕があればゲバ貨したかったのですが、あれじゃちょっと厳しかったです・・・スミマセン。
短い間でしたがお疲れ様でした。

投稿: YUTA | 2009年8月30日 (日) 06時26分

お久しぶりです!
青森24系(でしたっけ?)が昼間にもいたんですね。
いずれにせよ、EF65Pがくっついているとは思いませんでした。
EF65Pには旧客よりこちらのほうが似合いますね。
九州に比べてこちらはこういう組み合わせの列車は少ないので、これからも時々あるといいですね。

投稿: ひで2号 | 2009年8月30日 (日) 17時02分

返信が遅くなりました。

>>YUTA様
こちらこそ、お疲れさまです。
三脚の件、わざわざありがとうございました。それにしても、あれだけ高いと便利ですよねupup
ストーかーですみませんでしたcoldsweats01
いよいよ受験シーズンですね。お互いがんばりましょー!

>>ひで2号様
お久しぶりでございます。
24系は横浜8:36着で、保土ヶ谷まで一旦走らせのち尾久へ回送されました。
個人的には、P型には寝台客車、EF60には旧型客車が似合いますねhappy01

投稿: Asakaze@管理人 | 2009年8月31日 (月) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« E233系甲種輸送をリベンジ② | トップページ | 特急「雷鳥」紀行0:序章? »