« エヌナナを最高の光線で | トップページ | 夕日に向かうサギ »

2009年8月14日 (金)

薄く染まる500系

Dsc_5482c
::: 51A "のぞみ51号" / Nikon D50 * Nikkor 24-50mm F3.3-4.5 / 13 Aug. 2009 :::

前エントリーの写真から1時間ほど撮影したのち、第2の目標・500系まで1時間ほどあったため、野鳥を撮るべく水田が広がる場所に移動しました。結果から言ってしまえば45分間まるまる失敗でしたが、自分の撮りかたについて学んだ時間でした。

そして元に戻り、だいぶ露出が落ちたなぁと思いつつ 1/1250sec.・F3.3・ISO200 に設定。不意をついてやって来ることもしばしばなので、一時も目が離せません。夏の夕暮れらしい光線のなか、サーッと風が吹きます。そして上り列車が通過して、やはり不意をつくかのようにやってきました。

覗く右目と押す右手に全神経を集中させて、思い通りのポイントで切ることが出来ました。この時間は電柱の影が入らなくなるのでイイですね。
RAW現像では、ホワイトバランスをもっと忠実にして、稲の光を吸収して暗いので適宜に調整しました。

日没間際だったのでアレが期待できそうでしたが、道に迷ったりで散々でした。運を使い果たしてしまったようですね。

|

« エヌナナを最高の光線で | トップページ | 夕日に向かうサギ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エヌナナを最高の光線で | トップページ | 夕日に向かうサギ »