« たまには新鶴見のEF210 | トップページ | 久しぶりに甲種輸送を撮る »

2009年8月 3日 (月)

少しでも順光で3075レ

Dsc_5127c
::: 3075レ EF65 1094 / Nikon D50 * Nikkor 70-210mm F4 / 3 Aug. 2009 :::

3075列車を定点で撮影すると側面に全く光が当たりません。この列車が茅ヶ崎を通過するときの太陽の方位は235度、定点の線路は247度の方向に走っていますので、角度の差は12度に留まっています。これを少しでも打開しようと、撮影場所を変えてみました。近場で一番"差"がある撮影地は"45度"の松尾踏切でしたので、猛暑のなか行ってきました。

結果、定点よりは側面が明るくなっってくれました。僅かながら、機関車がカーブに入って尚且つカントがついているため、相乗効果(?)です。1094号機、3075列車では初撮影のようです。1093~1095号機は小数点以下が違うようなものなので、"最近よく撮る"って感じがしますけども…。

|

« たまには新鶴見のEF210 | トップページ | 久しぶりに甲種輸送を撮る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たまには新鶴見のEF210 | トップページ | 久しぶりに甲種輸送を撮る »