« 首都圏ミニ遠征7:〆は201系 | トップページ | 夕暮れどきの183系 »

2009年6月 5日 (金)

雨上がりの撫子

Dsc_3832c
::: 雨上がりの撫子 / Nikon D50 * Micro Nikkor 105mm F2.8D / 1 Jun. 2009 :::

今月1日は運動大会がありました。例によって終了直後にはスコールがきて、雷鳴が響く土砂降りの中を急いで帰りました。本当は、学校で1時間も待てば、濡れずに帰れます。スコールの後は晴れるので、虹が出る可能性があります。学校に留まるわけには行きませんでした。

しかし、雨の上がりが予想以上に早かったので、帰路で止んでしまいました。それに、強い西日が出てくれましたが、虹は現れませんでした。帰宅後、とりあえずカメラを持って雫が輝く撫子を撮影してみました。秋の七草のひとつですが、咲く時期が今くらいからということもあって勢いよく咲いていました。

撮影では三脚を使わず被写体が至近距離であったため、自動追尾(ニコンではAF-Cと呼ばれている)を撮影しましたが、やはりピントの位置が微妙でした。絞りももう少し絞ればよかったかな…。こんな小さなものでも、決して簡単に撮れるものではありませんね。

|

« 首都圏ミニ遠征7:〆は201系 | トップページ | 夕暮れどきの183系 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 首都圏ミニ遠征7:〆は201系 | トップページ | 夕暮れどきの183系 »