« 中央公園で紅葉狩り | トップページ | 管理人から鉄道ファンへ、重要なお知らせ »

2008年11月29日 (土)

倒れた三脚直そうと電車に接触死

毎日新聞から引用ここから

 29日午前9時10分頃、神奈川県茅ヶ崎市本宿町のJR東海道線の浜竹踏切で、貨物列車(26両編成)に男性がはねられ、死亡した。

 茅ヶ崎署の発表によると、男性が踏切内に三脚を立てて電車を撮影しており、倒れた三脚を立て直す際に接触したのを、通りかかった人が目撃しており、同署で男性の身元などを調べている。JR東日本横浜支社によると、同線は東京―小田原間の上下線で約55分間運転を見合わせ、1万4000人に影響が出た。

(2008年11月29日11時37分 読売新聞)

毎日新聞から引用ここまで

地元で起きた悲惨な事故です。

自分は事故現場から800メートルほど離れた場所で、「富士・はやぶさ」を撮影していました。納得のいく構図で切れたあと、振り返ると「富士・はやぶさ」が急ブレーキをかけて緊急停止しました。近い場所で撮影していた知り合いと合流し、踏切など沿線で発生した異常を運転士に伝えて列車に停止信号を現示するための特殊信号発光機(クルクルパー通称やトウモロコシ通称)が点滅中とのことでした。

「富士・はやぶさ」撮影中、消防車などのサイレンが聞こえ、その時はまだ火災かと思っていました。しかし、その後の特発との関連から、沿線火災と判断しました。野次馬ではありますが、サイレンの鳴る方に向かいました。

遠方から確認したところ、火災ではないようでした。近くに行ってみると、浜竹踏切の前に消防車が2台、救急車が2台と、現場は騒然としていました。消防団員・警察がブルーシートを持って何かをしている…。

…これってまさか、死人が出た人身事故ってこと?…

事態を把握しにくい中、とりあえず事故現場で個人的な検証をしました。

まず、「富士・はやぶさ」は踏切手前に停車しているので、当該ではない。その時間の下り旅客列車は定刻に通過、当該ではない。ブルーシートが上り貨物線の踏切内なので、被害者の踏切内立ち入りは確実。とすると、貨物列車に?その時間に貨物列車・5066レが…。よって、この貨物列車との接触が有力だと考える。

あまり長い間現場にいてもどうしようもないので、いったん帰ることにしました。
(服を買いに行く予定があるので…)

帰宅後、新しい情報が入りました。

  1. 撥ねられたのは役人の鉄道ファン
  2. 踏切内立ち入りでしかも三脚
  3. カメラは無事?

というわけで、まさかとは思いましたが、同じ鉄道ファンですよ。これには相当ガックリしました。しかも同じ地元民で。踏切内立ち入りで撥ねられたのは、ご遺族の方々には申し訳ありませんが、自業自得のような気がしてなりません。

同じ鉄道ファンが“犯した”ことについて、大変憤りを感じています。鉄道ファンのモラルが低下している中、このような事件が起こったからには、よりいっそう警備が厳しくなるでしょう。

あまりにも悲惨な事故だっただけに、書かないわけには行きませんでした。

亡くなられた方のご冥福をお祈りします

|

« 中央公園で紅葉狩り | トップページ | 管理人から鉄道ファンへ、重要なお知らせ »

コメント

管理人様はご無事で、本当なによりでした。
今回は、非常に残念な事故でした。
今後はイベント列車の運転等はやらないかもしれませんね…

投稿: EF90-1 | 2008年11月30日 (日) 00時24分

追伸
上記の重要記事了解しました。
私のブログの方でも書かせて頂きますm(_ _)m

投稿: EF90-1 | 2008年11月30日 (日) 00時45分

こんばんは

そんな事があったんですか...絶対にあってはならないことが起きてしまったんですね、本当に信じられません。

ここまでしている人を見たことはありませんが、今私たちにできるのは、危険な行為をしている人を見かけたら声をかけて注意するしかありませんね。

これ以上は、なんて書いたらいいのか言葉がみあたりません。

投稿: masaTARO | 2008年11月30日 (日) 01時53分

こんばんは。お久しぶりです。
いつかは起きるのではと思っていた事故がまさか自分の市内で発生とは・・・同じ業界をやっている人間としては非常に残念です。
踏切内にゲバですから-・・・
おそらく廃止確定であろうふじぶさでこれからの時期、嫌でも人が集まるのに今まで撮れた場所が不可になったり撮り鉄やギャラリー含め、何らかの制約が出るでしょうね。

投稿: YUTA | 2008年11月30日 (日) 18時44分

皆様もご無事で何よりです。

>>EF90-1様
重要記事の転載ありがとうございますm(_ _)m
このような事故を二度と起こさないためにも、地元民としてほんの少しだけ策を打った次第です。

>>masaTARO様
本当に残念な事故です。
意外だとは思いますが、実は本村でも、柵をよじのぼって撮影をする危険な人がたまに来ます。注意を促したいですが、最近は物騒な世の中になってしまったので、なかなか言えません。

>>YUTA様
お久しぶりです。
“京阪100年号”以来の事故でしょうか。今回の事故はマスコミでは少しだけしか報道されませんでしたが、社会問題として大きく取り上げてほしかったです。
このまま事態を放置しては、最終日は何か起こっても不思議ではありませんね。

投稿: Asakaze@管理人 | 2008年11月30日 (日) 21時45分

管理人様お初です。
詳細は言えませんが、この事故の対応をした某公的機関の関係者です。
ふと事故のことに関してサイトを飛びながら見ていたら、こちらのサイトにて事故のことが載っていたこと、また記事の内容に同意し、かつ二度とこのようなことが起きないよう願ってやまないので、私が見る限り何が起こったのかこちらに書かせていただきます。

当日、9:10ごろ、警察・消防にそれぞれ、浜竹踏切において人が轢かれた旨の通報が入り現場に急行しました。
一方列車は、上りの寝台特急2列車 富士・はやぶさ号(大分・熊本発~東京着)は、55㎞付近にて特殊信号発行機の明滅を確認し、緊急停車。そして、下車した運転士が轢断された男性を発見し輸送指令に通報したそうです。

現場に着くと、浜竹踏切の山側に男性が倒れていて、すでに死亡していました(見た目で判る状態と申しましょうか)。
お察しのとおり、衝撃したのは上り貨物の第5066列車(下関貨物ターミナル発~東京貨物ターミナル着)です。
どうやら、通過の直前に倒れた三脚とカメラを戻そうと屈んできたらしく、運転士は衝撃した事に気づいていないようでした(緊急停車していないので)。
また、カメラは無事ではありませんでした。
本体は形を残していましたが、C社のレンズは粉々になり、カメラと衝撃で折れ曲がった三脚を抱き込むようにしてこの方は倒れておりました。
後に、メモリーカードから撮影された写真を確認したようです。

目撃証言をいくつか聞いてみると、
「危ない位置でカメラを構えていた」

「普段あそこではカメラを構えている方はいないので、珍しかった」
等のお話を伺いました。
管理人様もご承知だとは思いますが、浜竹踏切は海側は開けているので撮影や観賞に向いてますが(道幅は狭いですが)、山側は住宅の並びやのり面の高さから撮影には不向きであることは素人目から見てもわかります。
にもかかわらず、危険を顧みず、遮断棒の内側に三脚を立て、彼は撮影をしていました。
鉄道ファンの方であれば、列車がいかに素敵であるかと同時に、いかに危険なものかわかるはずです…
あの場所でなぜ撮影をしていたのか理解に苦しむところです。

今回の場合もそうですが、轢断による死亡はご遺族の方々の心中を察するには余りある結末しか待ち構えていません(とてもご遺族に見せられるお身体にはならないのです)。
後に待ち構えるのは社会的な批判とご家族・ご友人に一生残る大きな傷と重荷だけです。
また、現場周辺の住民の皆さんへの迷惑も多大のものとなります(現場は血飛沫で広範囲にわたって汚れていました)。

私も写真をやるので、確かに被写体に注目してしまう気持ちはわかりますが、鉄道用地への許可の無い立入りは鉄道営業法違反、さらに列車の運転を阻害することは刑法の往来妨害違反でどちらも犯罪です。
ぜひ鉄道写真を撮られる皆様におかれましては、ご自身の安全と運行の迷惑を考慮し、良識を持って撮影に挑んでいただきたいと切に願います。

長々と失礼いたしました。

投稿: kshr-0191 | 2008年12月 4日 (木) 04時09分

ふとしたことでこのブログに立ち寄りました。
事故でなくなった方とご家族にはただただご冥福を祈るのみです。最近流行の「自己責任」という言葉を使って断ずるにはご家族にとっても辛すぎる結末です。人が一人亡くなるというのはどれほどの事か、その人のおかげで後の自分たちの趣味活動に制約を受けるという類の話に帰結するとしたら、あまりにも無教養で身勝手な結論ではないかと思います。
それはさておき、この管理人はこの付近での撮影を自粛するよう呼びかけています(「基本的にはこの付近での撮影を自粛していただきたい」)が、これこそ笑止。そんなことを言う権限などどこにあるのでしょうか???
かく言うご自身も1カ月と経たないうちにリバイバル「あまぎ」を撮影していますよね。

投稿: 両 | 2008年12月22日 (月) 22時35分

>>両様
"自粛していただきたい"というのは大げさに言ったまでであり、本当は常に安全を意識して撮影してほしいと願っているまでです。
意味を取り違えるような書き方をして申し訳ないと思っています。

また、「あまぎ」の撮影に関しては、線路と撮影位置の距離が十分ある安全な場所で撮影しました。20日にエントリした機関車の流し撮りも同じ場所で撮影しています。

※誤解を招くお知らせのエントリは削除させていただきますが、一応下に残しておきます。また意見があれば、どうぞよろしくお願いいたします。

-----------------------------------
2008年11月29日 (土)

管理人から鉄道ファンへ、重要なお知らせ

【重要】
東海道本線 茅ヶ崎~辻堂間の人身事故を受けて、この先、当該区間はJRや警察が警戒します。ですので、基本的には撮影を自粛していただきたいと思います。それでも撮影したいと我を抑えられない人は、以下のことは必ず守ってください。柵があっても明らかに線路に近い場所(踏切全般・ホーム・線路沿いの公道など)では撮影しないでください。場合によっては列車を止めることになり、多くの乗客に迷惑をかけ、賠償の可能性だってあります。

これは、地元民からのお願いです。再発を防ぐためであり、なにとぞご協力お願いいたします。
少なくとも、1ヶ月はこの状態が続きそうです。
-----------------------------------

投稿: Asakaze@管理人 | 2008年12月23日 (火) 10時02分

こんにちは。
最近の鉄オタの無法行為に業を煮やしている者です。鉄オタの犯罪行為を検索して来ました。
081129にこのような事故があったとは知りませんでした。

ー踏切内で撮影していたー三脚が倒れて立て直そうとしたー走ってきた電車にはねられたー死亡ー

これって手が届くほどに接近して広角で撮っていたんでしょう。
広角で近づいて撮れば迫力ある画が撮れるのは常識ですから。

死んだ人を気の毒とは思いません。
ばちが当たったとは思います。

管理人さんの言うように撮影時にはマナーを守ってやるのは当然のことであり、線路内に入り込んで撮影するなど犯罪に近い行為です。踏切内も同様。

これからは鉄道会社も厳しくなっていき、最悪の場合、
・全ての駅周辺及びホーム内での撮影禁止。
・線路沿いでの撮影、三脚を立てるなど、撮影準備とみなされる行為が発覚した場合には直ちに通報ー逮捕。(警察施設を撮影することは禁止されていますので、それに準ずる行為とする)
・鉄道イベントの激減。(これは、もう間違いないでしょう)

つまり、他ならぬ鉄オタが自分で自分の首を絞めているのです。

これはバイク好きにも同じことが言えます。
80年代のバイクブームで一昔前のレーサーに近い性能のバイクが大量に販売されました。
バイクブームの真っ最中で、バカ売れしました。
買った人は走りまくりました。
峠道や走って面白い有料道路はバイクで溢れ、速度違反は当たり前、事故も多発ー規制が厳しくされーバイク通行禁止になってしまいました。

投稿: わい | 2010年2月21日 (日) 12時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中央公園で紅葉狩り | トップページ | 管理人から鉄道ファンへ、重要なお知らせ »