« 弥勒寺にて「富士・はやぶさ」 | トップページ | at TOKYO STATION »

2008年10月 6日 (月)

SL「しおかぜ号」を撮る!

先日の「弥勒寺にて『富士・はやぶさ』」のあと、鵠沼運動公園にて静態保存されているSL「しおかぜ号」を撮影してきました。

C11型蒸気機関車(タンク式)愛称“しおかぜ”

 ぼくは昭和18年5月に日本車輌製造株式会社で誕生しました。C11 245です。
 長い間、都市周辺の快速牽引車として、それからは客貨兼用・貨物入換用として、いろいろな分野で活躍し、全国各地の人達にかわいがれてきました。
 特にぼくの仲間たちは昭和41年まで国鉄藤沢駅で貨物の入換用として働いておりましたので藤沢市民に最も親しまれた蒸気機関車です。
 このたび藤沢市民の熱意と国鉄関係者のご理解により盛岡機関区より藤沢市に永住することになりました。
 みなさんの手でぼくを大切にしてください。
 現在、ぼくの同僚が静岡県にあります。大井川鉄道の金谷~千頭間を毎日(元日は除く)元気に走って汽笛を響かせております。一度見てください。

敷地内の案内板より

 有志の方々により、キレイな状態で保存されていました。また、機関車を覆う屋根も取り付けられていました。

Imgp2257

 

Imgp2258

 

Imgp2269
今にも走り出しそうな雰囲気である

 

|

« 弥勒寺にて「富士・はやぶさ」 | トップページ | at TOKYO STATION »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 弥勒寺にて「富士・はやぶさ」 | トップページ | at TOKYO STATION »