« 富士山、ちょびっとだけ冠雪 | トップページ | D50は無事帰還 »

2008年10月22日 (水)

D50とF100を修理

親に頼み、《ニコンプラザ銀座》にD50とF100を修理にだしました。

D50は、2007年5月の修理から調子がおかしくなり、写真全体が赤みを帯びる状態でした。特に曇りの日には空が真っ赤になってしまい、とても「撮れた」という感じではありませんでした。その後、ホワイトバランスを強制的に変えて撮影するなど試行錯誤をしましたが、2008年9月にPENTAX *istDL2にメインの座を譲りました。

そして今回、直接サービスセンターに修理を依頼することになりました。話によれば、ファームウェアが機種的な意味で異なっているということでした。2回目の修理で、なおかつ生産終了からかなり年月が経っている製品なので、どんな状態で戻ってくるか正直不安ですが、“正しい状態”で戻ってくることを期待しています。

また、F100はオーバーホールにだしました。ファインダー内がひどく汚れていたり、視度調節ネジが欠落していたためです。まだ使用していないフィルムもあるので、戻ってきたら早速使ってみたいと思います。

|

« 富士山、ちょびっとだけ冠雪 | トップページ | D50は無事帰還 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 富士山、ちょびっとだけ冠雪 | トップページ | D50は無事帰還 »