« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月30日 (火)

追加徴収は1万4千円

旅客機燃料の高騰などにより、今日は修学旅行費の追加徴収があった。いわゆるオイルサーチャージであり、1人当たり14,900円も徴収された。

海外への修学旅行を1ヵ月後に控えるのだが、世間で言う「燃料価格の高騰」で修学旅行の足にも影響が出ている。修学旅行が計画されるのは1年前以上前の話なので、対策が練られていなかったようだ。

学校では「国内が良かった」と言う意見が多いような気がした。自分もその一人であり、未踏の北海道や沖縄が良かった。しかも飛行機なんか使わず、寝台列車でも貸切にすれば良いのに…と思う。

ちなみに、1コ下の学年は国内旅行らしい。

※やっぱ10月は更新します(滝汗)

| | コメント (0)

2008年9月29日 (月)

*istDL2で211系

寒いです。衣替えは10月1日からですが、私は含む一部のクラスメイトは今日から冬ズボン+ブレザーでした。終日雨が降っていたので部活も無く帰宅しました。

今日も9月23日の撮影分からです。まだ*istDL2で撮影した211系をブログに載せてなかったので、今回はRAW現像中に色収差の除去も行った写真を掲載します。東海道線の211系は、高崎・宇都宮線の211系と違って、前面幕や列番表示がアナログのままなので、なんか良いですよね。

Imgp2082
740M 普通 211系N63編成 【2008年9月23日撮影】

 

| | コメント (0)

2008年9月28日 (日)

EF210が朝日を浴びて

9月23日の撮影分からです。この日は早朝撮影をしようと思い6時過ぎから撮影していました。するとどうやら上り貨物が遅れているようで、次々と遅延した列車が上っていきました。この日のサンライズも約1時間ほど遅れて運転していました。

Imgp2073
遅5052レ EF210-15 【2008年9月23日撮影】

 

| | コメント (0)

2008年9月27日 (土)

3461レ・本日は原色也

学校で噂は耳にしていましたが、今朝は本当に寒かったですね。9-11時は部活(と言ってもコート整備だが)がありましたが、長袖ジャージを着ていないと肌寒い陽気でした。今日から本格的な秋の訪れなんでしょうか。

今日は3461列車の写真です。いつも串パンや影被りで失敗してばかりですが、今回はキッチリ撮ることができました。あとはRAW現像をもうひとふんばりすればベストですかね?

Imgp2160
3461レ EF65 1078

 

| | コメント (0)

2008年9月26日 (金)

JRFマークをトレース

唐突に鉄道関係のロゴ等をトレースしたくなったので、《Paint Shop Pro XI》を使って遊んでみました。

初めてということで、簡単そうに見えたJRFマークをチョイス。ベクタ線とベジェ曲線を使ってかなり簡単になぞったあと微修正を加えて完成。思いのほか簡単でした。

Jrf

| | コメント (0)

2008年9月25日 (木)

露草と蜜蜂

撮影地を華やかにする花々の一つ。今はツユクサが盛ん。ミツバチも朝から大忙しのようだ。

Imgp2081
PENTAX *istDL2 TAMRON 28-200mm F3.8-5.6 ASPHERICAL
1/200 F5.6 ISO200 ソフトウェアにてトリミング・トーンカーブ修正

 

| | コメント (0)

2008年9月24日 (水)

適当に、RAW現像。

最近は専ら《PENTAX *istDL2》を使って撮影しているのですが、どうもカメラ任せに撮っていると納得のできる絵になりません。全体的に暗く、コントラストが高いんです。

そこで、画質モードをRAWで撮影することに。RAWの本格的な仕様は今月15日からで、翌16日の「大磯・二宮遠征」の写真もすべてRAW現像したものです。第一印象は「重くて面倒くさい」だったんですが、まあそれがいつの間にかヒストグラムをいじくっていると楽しくなってるわけで…。

今回は、9月17日に撮影した3461列車で原画と現像後を比較したいと思います。

Imgp2038r
原画

 

Imgp2038
現像後

 

| | コメント (2)

2008年9月23日 (火)

大磯・二宮遠征8:残暑の二宮界隈

遠征の番外編だ。二宮駅から線路沿いを走る道に色とりどりの花が咲いていたので、何枚か撮ってみた。

Imgp1990

 

Imgp1995

 

Imgp1996

 

Imgp1997_2

 

Imgp2000

 
※すべて神奈川県二宮町にて9月16日撮影

 

| | コメント (0)

2008年9月22日 (月)

大磯・二宮遠征7:跨線橋で3461列車

それまで雲に遮られていた太陽光は容赦なく照りつけ、一気に蒸し暑くなった。このあと、二宮付近の跨線橋でEF66牽引の3461列車を撮影することにした。早速撮影地に向かったが、その途中線路に沿って走る小さな道に残暑を感じる花々が咲いていた。このことに関しては後日書きたいと思う。

撮影地は通常線路北側の部分で撮影するらしいのだが、橋の真上でも撮影することができる。架線と架線の間に太い電線が張られてないためスッキリ撮ることができ、今回は俯瞰撮影をすることにした。

Imgp1987_2
797M 普通 E217系F-03編成

1/1250secでシャッターを切りここまで引きつけることができた。このあと一旦二宮駅に行ったのだが、そのとき3075列車を見逃してしまった。

ここで、交換レンズとして持ってきた《Tokina AF235 20-35mm F3.5-4.5》を使うことにした。今更だと思うかもしれないが、今回のお供は《PENTAX *istDL2》である。1.5倍になるので、35mm換算をすると30~52.5mmとなり、結構使いやすいレンズだ。もっと引きつけたかったので、Tokinaのレンズに換装した。

相模貨物を出発する時刻を過ぎるころ、急に暗くなった。空を伺ってみるとちょっと大き目の雲がスッポリ太陽を覆ってしまった。それまで雲の流れもだいぶ穏やかだったので、ちょっと心配になった。

結局、通過直前には雲が取れ、絶好のチャンスとなった。

Imgp2020
3461レ EF66 122

前回の撮影は100番台であったが、今回もまた100番台だった。この機関車の引くワム列車も良いが、なんといっても0番台牽引が一番良いだろう。欲張りは良くないが、またの機会に撮ってみたい。ワムが程よい長さでよかった。

これにて撮影は全行程終了。長いようで短かったこの遠征は、とても充実していたと思う。帰りは大磯まで1号線を走り、その後134号線に出て、帰宅となった。

| | コメント (0)

2008年9月21日 (日)

大磯・二宮遠征6:宅地俯瞰で新幹線

トンネルを抜けて、宅地の中に紛れて撮影地を探した。しかし新幹線は防音壁で囲まれた築堤を走るため地上からは撮れなかった。ふと山肌を見ると中腹辺りに白いガードレールが目立つ道路のようなもとがあり、もしかしたらあそこから俯瞰撮影できるんじゃないかと、さっそく道を探した。

こげないほどの急坂を自転車を押して登り、息が切れ、疲れ果てた時にやっと撮影地がお目見えした。住宅地を真っ直ぐに突き抜ける新幹線が見える場所だ。しかし、問題がいくつかあった。一つは高圧電線が構図を横切っていること。二つ目は住宅がカラフルすぎて新幹線が目立たないんじゃないかということ。高圧電線は構図を一工夫したら解決できたが、カラフル住宅は手に負えなかった。

Imgp1969
27A 「のぞみ27号」 N700系

雲が覆っていたためか、通過音はかなり遠くからも聞こえるため撮影が楽だった。さきほど500系が上ったため、その帰り(下り)を撮ることを目標とした。

Imgp1975_2
29A 「のぞみ29号」 500系

まあまあだっただろうか。この500系の16両編成の勇姿も、N700系の登場などによりそろそろ見納めだという。この場所で撮れてよかったと思った。

ここでの撮影が終わったのを区切りに、天候は一気に回復した。太陽が出て蒸し暑くなった。

| | コメント (0)

2008年9月20日 (土)

大磯・二宮遠征5:こう配11%のトンネル

次なる撮影地を見つけるため、アップダウンの多い閑静な住宅地を走った。かなりキツい坂を登ったと思ったら行き止まりで、新幹線が見えたと思ったら雑木林で立ち入り禁止。結局その住宅地では撮影地を見つけることができず、あきらめて新しい撮影地を探すことにした。

その途中、やたらと急こう配なトンネルがあったので撮ってみた。

Imgp1936
大磯二宮隧道 こう配11%

このトンネルを抜けると、また新たな宅地が現れた。

| | コメント (0)

2008年9月19日 (金)

大磯・二宮遠征4:弧を描く新幹線

城山ストレートでの撮影を終えて、食料を調達するためコンビニに寄ったあと、新幹線を撮影するため北上した。なお、撮影地の情報は①新横浜~小田原間 ②トンネル+カーブ ③俯瞰撮影の計3つでけしか分からない。Googleマップを使って概ね位置は把握できたが、うる覚えだったので確かではなかった。

普通に道に迷った。地元の人しか使わないような小さい道を走り、ちょっと太めの道に出て、ようやく主要地方道の63号線に出れた。しかしこの63号線、先ほどのコンビニから直線にして東に1キロしか進んでいないところにある。本当に、ただの北上だけであった。

63号線を北に進むと新幹線の高架にぶつかったが、明らかに場所が違っていた。もう少し西側だろうと思い、再び走り出す。中学校やら幼稚園やら小学校やら病院を横目に、それっぽい感じの道に流れた。北に駒を進めると、やっとお目当ての撮影地に到着した。

Imgp1929
2A 「のぞみ2号」 700系B6編成

弧を描きながらトンネルを抜ける姿はとてもカッコヨク見えた。本来ならばN700系を掲載する予定だったが、この場所では700系のほうが良かったのでこちらをチョイスしてみた。

しかし、この撮影地は緑に囲まれている故に虫が多い。なかでも今回は体長40mmものスズメバチに遭遇してしまい、少し惜しんだが退散することにした。当たり前のことだが、刺されるより他の撮影地を探したほうがいいと感じた。

| | コメント (0)

2008年9月18日 (木)

大磯・二宮遠征3:城山ストレート

雨は降り続いていた。跨線橋の下で、アスファルトに弾ける雨を眺めていたが、一向にやむ気配はなかった。

ところで、撮影する寝台特急「富士・はやぶさ」は大磯を9:04頃を通過すると見込んでいる。ダイヤ情報2007年11月号の -夜行客車列車 運転時刻表- を見てみると、国府津8:57→平塚9:08となっていて、単純に計算すると大磯9:04頃通過となる。しかし、ちょっと絶望的になった。大磯を9:03に発車する下り普通電車があるからだ。最悪の場合は“被り”にあう。

事前に調べておいたことなのだが、大磯を通過する「富士・はやぶさ」の動画を見た。そうすると、通過と同時に下り列車が通過するという感じだった。その動画を信頼すれば、ギリギリ被らないで済むことになる。ここは賭ける事にした。

8:40頃、そろそろ「富士・はやぶさ」の通過時間なので、雨の降るなか出発した。到着したときは小雨になったが、撮影には不向きな状態だった。

Imgp1910
790M 普通 E231系K-39編成

この撮影地は見事なストレート美から、勝手に「城山ストレート」と名づけることにした。

そして肝心のあの列車といえば…、来ませんでした…。ハッと思い立って運行情報を確認したのですが、どうやら1時間遅れとのことでした。どうやら、賭けはパーになったようで。
1時間は暇になったので、先に見つけておいた西大磯消防館付属お手洗い所で休みをとることにした。

あっけなく時間は過ぎ、再度出向いた。今回は症候状態でカメラも濡れる心配が無い…と思ったのだが、着いたら降り出してしまった。このとき1番不安だったのは雨というよりも“被る”ということ。遅れスジの正確な情報は知らないので、どんな状況になるかはお楽しみ。

Imgp1917
2レ 寝台特急「富士・はやぶさ」 EF66 53牽引

無事に被られずに済みんだ。ちょっと右側が余りすぎだったが、許容範囲としておこう。それにしても53号機、いつかの故障でどうなるかと思っていたが、無事に復活したようで。元気に走ってるところを見てホッとした。

満足して、城山ストレートを後にした。

......続く......

| | コメント (0)

2008年9月17日 (水)

大磯・二宮遠征2:雨のルートワン

5時半に起床した。別にこんなに早く起きる必要は無かったのだが、どうしても雨が気になっていたのだろう。バサッとカーテンを開けてみると、どうやら症候状態のようで降ってはいなかった。少し落ち着けた。しかし、朝食をしていた6時15分過ぎ、サーッと言う音とともに小雨が降ってきてしまった。しばらく様子見をすることにしたが、やむ気配は無い。こういうときに限って天気予報は当たってしまうから困る。

この程度なら決行できる…。撮影機材のほかに雨具も備えて、家を出発した。こんなこともあろうと、時間はたっぷり余裕がある。雨の日の道路は環境が悪い。下手な真似をするとコケて惨事にもなりかねない。時間にはゆとりがある。案の定、休憩ポイントの花水橋東交差点(大磯町)は+20分で到着した。しばらく足を休めた。

Imgp1906
花水橋東交差点にて

湘南平(写真)を横目に、再び走り出した。たしか歩道も“自転車通行可”だったはずだが、舗装の施工会社がヘタクソすぎてガダガダ、ゆえに車道を走った。交通量が多いもの、快適である。

大磯駅に近づいた辺りで、急に雨脚が強くなった。最初の撮影地まであと2キロというところで、そもそも撮影どころではないということに気がついた。一応撮影地に着いたが、あの隙間ではコンデジもしくはケータイでしか撮れない。しかたがないので線路沿いを西に向かって走り、撮影地を探した。運良くイイ感じの場所を見つけたので、少し戻って滄浪閣(そうろうかく)付近の跨線橋下で雨宿り・休憩をした。

......続く......

| | コメント (0)

2008年9月16日 (火)

大磯・二宮遠征1:序章?

Imgp1954

もともとこの遠征は夏休みに計画していました。ふとしたきっかけで、自転車で大磯・二宮あたりに遠征したくなり、撮影の計画を練って準備をしました。しかし、当日は朝から雨が降り、とても遠征できる状態ではなくなってしまいました。その後も学校や天候に左右され、全く余裕がありませんでした。

9月12~14日と文化祭(関連を含む)があり、翌週の15・16日が代休となりました。今度こそはという思いで、16日に遠征することになりました。粗方の準備は整っているので、あとは天候次第でした。前日の15日、天気予報を見てみると「神奈川西部…くもり、ところによって昼前まで雨で、午後は晴れ間も。降水確率60%」とのことでした。同時にレーダーを見てみると、見た感じ正午過ぎまで降水量0~1mm/hの非常にじれったい雨が降るとの結果。気温は最低が19度で最高が25度。うす着をしたら間違いなく風邪を引く寒さ。あぁ…どうしよう。
――拒むかのように、雨は日付が変わる頃には降りだしていました。

......続く......

| | コメント (0)

2008年9月15日 (月)

3461レ・ワム28両+コキ4両

ほぼ1週間ぶりに鉄道写真に復帰です。朝の951列車はホワイトバランスの設定ミスで失敗…、EF65 1063でした。続いて「富士・はやぶさ」はEF66 49で、こちらは色のノリが悪くて失敗。
グータラして、午後に3461列車。串パンになってしまいましたが、本日の撮影分としては一番出来の良いものでした。

Dsc_0011c
3461レ EF65 1070

 

| | コメント (0)

2008年9月14日 (日)

中秋の名月

ちょっと天気が心配だったんですが、地元では19時を過ぎるとまん丸のお月様が顔を出してくれました。

Dsc_0033c
まだ東の空にあった (14日18時25分ころ)

 

Dsc_0063c
南中の頃の月 (14日21時12分ころ)

※おまけ

Dsc_0011c
9日には、金星?の近くに (9日19時20分)

 

Dsc_0017c
空気が澄んでいたため、はっきり見えた (9日19時24分)

 

| | コメント (0)

2008年9月13日 (土)

文化祭を終えて

紛れも無く、切実に、この文化祭が「楽しかった」と感じた。「楽しかった」の中には、たくさんの思い出が詰まっている。ただそれだけだ。ここでは、それだけでイイ。

| | コメント (0)

2008年9月12日 (金)

PC自粛と文化祭のお話。

本日から通常更新が始まります。

●PC自粛
 毎日更新を心がけていたら、どうも体を崩しやすくなりました。考えるも何も、原因は長時間『目』を使っていること、そしてパソコンから発せられ人体に影響する高周波電磁界でした。原因が分かっていながらなぜ早く止めないのかと言う意見もあると思いますが、毎日更新を止めるわけにもいかないし、なかなか手放せないのが事実でした。
 そこで、ココログの機能の一つである『タイマー更新』を使って、パソコンを1週間手放すことにしました。
 結果、月~木曜日の4日間パソコンに触れなく過ごせました。パソコンに触れなかった期間は体調を崩すことも無く、とても寛げました。
 毎月1週間はすべてタイマー更新、なんて日を作ってみたいですね。

●文化祭
 今日は文化祭(非公開)がありました。自分のクラスは、「ディズニーランドの匂いがする」でおなじみのアレ。非公開なので生徒・職員のみですが、売り上げは❤万8000円とのこと! 明日は地域の方々や同級生も招いた一般公開ですが、売り上げが楽しみです。ですが、美味しく食べてくれれば何よりです。

 

| | コメント (2)

2008年9月11日 (木)

相模川土手にて④

今月6日の撮影分からです。E655系の撮影直後に通過した1155列車です。この10分前までは背景の入道雲も立派なものだったのですが、次第に形が崩れてしまいました。自分と機関車とでは150メートル以上も距離があるため、なんだか風景写真です…。

Dsc_0017c
1155レ EF200-**

 

| | コメント (2)

2008年9月10日 (水)

相模川土手にて③

今月6日の撮影分からです。実は、以前から「特急「踊り子」を撮る!」というものを計画していて、その撮影候補地が相模川土手でした。そして今回ちょうどE655系撮影のついでに遂行できるので、臨時特急「踊り子113号」を撮ることになりました。

もしかしたら、初めてまともに撮った「踊り子」かもしれません。

Dsc_0011c
8033M 臨時特急「踊り子113号」 185系10両編成

 

| | コメント (0)

2008年9月 9日 (火)

未完のジオラマを完成させる③

シリーズラスト、完成です。車両を置いて、自然光で撮影してみました。制作にかかった費用は500円くらいで、ほとんどはスクラップや廃品などを再利用して作りました。制作時間がとても短く、言い換えれば大雑把でしたので、次回に作る機会があれば、もっと手間をかけてやろうと思います。

Dsc_0036c

 

Dsc_0049c

 

Dsc_0048c

 

| | コメント (0)

2008年9月 8日 (月)

相模川土手にて②

今月6日の撮影分からです。ちょうどイイ感じに入道雲があったので、普通電車と絡めて撮影してみました。15両編成であるからこそバランスよく撮影できますが、ステンレス車両だと背景と同化してあまり目立ちませんね…。

Dsc_0008c
1/2000cec F/4.5 ISO200 【2008年9月6日撮影】

※「相模川土手にて①」は「相模川橋梁でE655系「和」」をご覧ください。※この1週間はすべてタイマー更新です。
 

| | コメント (0)

2008年9月 7日 (日)

お昼の吹太郎

先ほど撮影してきた1155列車です。EF210〔吹〕の代走牽引でしたので、ちょっと嬉しかったです。吹太郎は定期運用が設定されていないので、いつどの運用には入るかが楽しみですね。

Dsc_0016c
1155レ EF210-141

 

| | コメント (0)

2008年9月 6日 (土)

相模川橋梁でE655系「和」

本日は東海道本線にE655系「和」が入線する日でした。試運転の写真は以前撮影したことがあるのですが、団臨はこれが初めての撮影となります。そのため、撮影地はなるべく景色がいいところが好ましいと思いました。超地元では絵にならないので、手っ取り早く相模川土手としました。

部活が終わると韋駄天走りで帰宅して、シャワー浴びて、休む暇も無く相模川土手へ向かいました。歩道の整備環境が最悪な1号線を一気に下り、潮風がほのかに香る馬入橋を渡り、12時02分に到着しました。同業者は思ったよりも相当少なく、最終的に10人前後でこの場所にしては非常に“和やか”でした。もっと、「天賞堂団臨」の時のようだと思っていたのですが…。

貨物列車が通過し、臨時特急「踊り子」が通過し、「和」は12時17分に通過していきました。

Dsc_0014c
回9823M E655系「和」

 

| | コメント (0)

2008年9月 5日 (金)

ココログの新機能でLightbox機能追加

2008年9月9日のバージョンアップで、新たにLightbox機能が追加されるらしい。

Lightboxとは、公開した記事に挿入されている画像をクリックした際、記事の上に重なるように元画像を表示するスクリプトです。最近のデザイナーさんのウェブページやブログなどでは、よく見かけるようになりました。

これには大きな期待がある。なにしろ、写真を中心に進行している当ブログにとっては、かなり好都合だからだ。Lightboxはシンプルデザインで画像も見やすく、閲覧者にとっても扱いやすいものだ。使用可能になったら、是非使用してみたいと思う。

| | コメント (0)

2008年9月 3日 (水)

9月2日の3461列車

学校が始まってからというもの、鉄道写真に限らず撮影に行く機会がまったくなくなってしまいました。今日は夕日が綺麗ででしたね。そんな夕焼けにひきかえ、これから数日は雨の日が続くようです。

昨日は部活が休みだったので、午後は気分転換に撮影に行ってきました。3461列車、まさかの短編成+コキ有りでした。

Dsc_0001c
3461レ EF65 1067

※Googleから新しいブラウザ《Google Chrome》が出て、早速ダウンロードして使ってみましたが、第一印象は「速い」でした。ストレス無く使えそうです。なお、当ブログはこのブラウザに対応しています。

| | コメント (0)

2008年9月 2日 (火)

未完のジオラマを完成させる②

製作途中の写真はほとんど撮らなかったため、今回のエントリーでほぼ完成となってしまいました。

それまでにやってきた事を、簡単にまとめてみます。

  • 石膏を剥がす
  • 線路を外す(ここで実質リセット)
  • 新しい配置を考えてセットする。
  • 廃品やキッチンペーパーを使って地盤を作成
  • 落石防止柵(?)を配置
  • 架線柱を仮設置
  • 下地塗装(ブラウン)
  • レール塗装(レッドブラウン)
  • 樹木の仮設置
  • 道路の作成
  • バラスト散布
  • ターフ散布
  • ライケン・樹木・鉄道柵を固定
  • 架線柱を塗装・固定
  • 車両の接触限界を測定
  • 微修正

明日には完成しそうです。

Dsc_0005c

| | コメント (0)

2008年9月 1日 (月)

擬似D-ライティング?

最近のNikon製品には「アクティブD-ライティング」という、見た目に近い画像が簡単に撮れる機能がありますが、現世代のカメラからしてみれば旧世代のD50には当然そんな機能がありません。
付属のCDに《Picture Project》というものがあり、「D-ライティング」が適用できるそうですが、個人的には使いづらいソフトなので、インストールさえしていません。

そこで、普段使っている《Paint Shop Pro XI》で、擬似D-ライティングをしてみようと思い、試みました。調整値は忘れてしまいましたが、調整値さえ掴めればどの画像にも適応できそうな感じでした。

Dsc_0014cn
■原画 1/3200sec F3.3 ISO200 【2008年8月29日撮影】
(サイドが黒くくすんでいる)

 

Dsc_0014c
■擬似D-ライティング
(サイドのくすみを取り除く感じで、微調整を重ねた。見た目に近い印象になった)

 

※今日から学校が始まりましたが、「あ、いや…、別に変わったことは無いです…。」ってのが本音です。強いて言えば、後ろの席の人がメガネを変えたことぐらいですかね…。

| | コメント (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »