« CSS取得 | トップページ | 風邪気味なのです »

2008年2月 9日 (土)

Foreverゆとり

 今日はミステリー列車の「ゆとり」があると言うのに、ドン曇りというかなり微妙な天気でした。朝はいつもの撮影地は霜柱ができるほど冷え込みました。午前中はいつも通りの貨物列車を撮影+部活で、午後はミステリー列車の「ゆとり」を撮影しました。

Dsc_0001c
3074レ EF210-117 (EF65〔新〕からの代走)
 まさかの代走けん引。EF65が目当てでこんな朝早く起きたのに、いつでも撮れそうなEF210が来てしまいました。EF210も晴れた日の順光撮影はなかなかいいんですが、曇りだと背景と化していてしっくり来ないんですよね~…。

Dsc_0009c
5075レ EF66 103
 ヘッドライト点灯はもちろんですが、テールライトも点けっぱなしで来ました。先週雪が降ったときにも記事で書きましたが、ライトが真っ赤なのはNikon D50の特性なので仕方がないですね。何とかしてもらいたいものです。

Dsc_0014c
3363レ EF65 1069
 いつもより少し速めでした。機関車次位のコキ50000は廃車なんでしょうかね…。どこかで聞いた話しですが、日本車両に入場して北海道用のロンチキになるかもしれませんね。奥のほうに見える青いJOTコンテナは最近良く見かけるようになりました。

 時間が迫っているので飛ばして――。

Dsc_0025c
9811レ 14系「ゆとり」6両 ミステリー列車 EF65 1100けん引 (最後尾:EF65 1118)
 色々設定をいじくって撮影したらこんなにコントラストが高くなってしまいました^^; 貨物線を走る臨時列車を旅客電車に被られることなく撮れる撮影地として、自分のなかでは結構定番なところで撮りました。
 特に特徴もない国鉄特急色のEF65が先頭でよかったです。「ゆとり」はたいてい派手な機関車や渋いEF58 61とかが引くので、ノーマル的な機関車の方がかえって珍しいかもしれません。

Dsc_0026c
 同列車の後追いです。先頭とは対照的で、ヘッドマーク付きの豪華な編成に見えます。

Dsc_0035c
9812M 14系「ゆとり」6両 ミステリー列車 EF65 1118けん引 (最後尾:EF65 1100)
 ナトリウム灯に照らされて、踏切を通過するミステリーゆとりの復路です。当初は北側(反対側)で撮る予定でしたが、旅客に被らないことを信じて南側で撮ることになりました。旅客電車上下が高速で闇に消え去った後、「ゆとり」は貨物線をのんびり走ってきました。
 写真は明るさとコントラストを調整した上で仕上げとしました。調整してみたらなかなかいい感じじゃないか!と、自画自賛。

Dsc_0038c
 中心上に存在する光源が踏切照明灯。これを使って、夜の撮影もこなすわけです。

 本日撮影をご一緒しました北陸様、また各所で撮影された皆様、お疲れ様でした。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
▲にほんブログ村のランキングに参加しています。ぜひともクリックお願いします。

|

« CSS取得 | トップページ | 風邪気味なのです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/100503/10370976

この記事へのトラックバック一覧です: Foreverゆとり:

« CSS取得 | トップページ | 風邪気味なのです »