« 旅のプレゼント | トップページ | 三温四寒? 読書の冬? »

2007年10月21日 (日)

湘南を走った「ひまわり号」

 小田急電鉄の「ファミリー鉄道展2007」に行くのを急きょ中止しました。替わって、ごメンチカツさんと、189系あさま色で運転される「ひまわり号」を撮影しました。

Dsc_0007_3
3074レ EF65 1077 (6:47)
 放射冷却現象によって冷やされた早朝、体を震わせた私は小桜ストレートに到着しました。陽はまだ低く、マンションの影が想像以上に大きかったため、前面に陽が当たりませんでした。快晴の日は空も白トビしてしまうので、この撮影地は曇りの日がベストかもしれませんね。

Dsc_0008
5075レ EF66 118 (7:19)
 本村に移動しました。移動するのにも、シャッターを切る大事な右手はポケットの中でした。お会いしたy31originalさんと雑談をすること約15分、5075列車がきました。今日は旅客下りと並走しました。申し訳なさそうに写っているE231系が何とも…(>_<)

Dsc_0009
7050レ EF66 33 (7:27)
 経験上の判断ですが、7050列車は被れらることは少ないようですね。レンズの性能上、望遠の域になると全体的にボケてしまうので、輪郭強調を+2に設定してみました。普段は+1で撮影していますが、単位が一つ変わるだけで違いが分かるほどシャープになりました。

 1093列車は旅客電車に被られ、撮影できませんでした。7050列車とは逆に、被られやすいことが分かってきました。EF66 111でした。

Dsc_0016
遅5032M 寝台特急「サンライズ出雲」 283系京都車 (7:41)
 今日も遅れてきました。しかし、何故か「サンライズ瀬戸」が連結しておらず、単独での運転でした。連結器カバーは前後ともに装着してありました。瀬戸内では何が起きているのでしょうか。

Dsc_0022
3363レ EF65 1064 (8:03)
 昨日と似たような編成+鵜殿コキでした。JOTの海上コンテナを積載したコキ200、関西化成品輸送の黄タキことタキ5450、検査直後のワム380000とタキ1000。バラエティにとんだ編成でした。牽引機もバチリと1064号機。

Dsc_0029
5066レ EF210-130 (9:11)
 189系あさま色の「ひまわり号」を撮影する前に、「富士」・「はやぶさ」を撮りに本村へ寄りました。しかし、見事に旅客電車に被られてしまいました。うる覚えですが、46号機だったと思います。写真は寝台特急の少し前に来る5066列車。

Dsc_0032
9873M 「ひまわり号」 189系N102編成 (9:47)
 数ヶ月ぶりにごメンチカツさんと共に撮影しました。設定の誤りでシャッタースピードが遅く設定されてしまっていたため、濁ってしまいました。背景に車が入ったのも、失敗です。小田原方面からの茅ヶ崎折り返しで挽回することにしました。

Dsc_0047
9823M 「ひまわり号」 183系OM101編成 (11:00)
 予想通りの11時ちょうどの通過。客扱いしていると思ったのですが、なぜか回送幕でした。イラスト幕だったら良かったのですが、叶わぬ願いでした。

Dsc_0053
回9875M 「ひまわり号」 189系N102編成 (11:11)
 いい感じのアウトカーブ撮影でした。若干、写真下があきすぎているような気がしますが、まあキニシナイ! 

Dsc_0055
3075レ EF65 1077 (14:06)
 ループに入ってくれました。相変わらず構図が斜めってしまいます。癖みたいなもので、なかなか直すことが出来ません…。コンデジでは水平に撮れるんですがねぇ~ 明日の3074列車は…学校なので行きません。撮影した方はご報告を!

Dsc_0057
1062レ EF66 122 (15:35)
 秋の刻下がりであります。赤みの強いD50では、なおさら赤くなってしまいます。EF66 28に期待しましたが、よりによって未撮影(たぶん)の100番台が来てしまいました。残念無念また来週。

Dsc_0060
1157レ EF210-3 (15:48)
 相模貨物どまりの1157列車。編成が短いのが特徴です。茅ヶ崎も大昔はコンテナ扱ってたらしいんですが、今は陸送で一度相模貨物に送って、それから各地に届けている方式になっています。一号線にも小豆コンテナが走るときがあります。

 返しの189系あさま色は大失敗。後追いも大失敗。失敗の多い今日でした。

 本日ご一緒に撮影しましたごメンチカツさん、お疲れ様でした。

↓にほんブログ村のランキングに参加しております。よろしければクリックしてください。にほんブログ村 鉄道ブログへ

|

« 旅のプレゼント | トップページ | 三温四寒? 読書の冬? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/100503/8546780

この記事へのトラックバック一覧です: 湘南を走った「ひまわり号」:

« 旅のプレゼント | トップページ | 三温四寒? 読書の冬? »